\ フォローしてね /

指編みで作る!簡単ミサンガの作り方

切れると願い事が叶うというミサンガ。著者も学生時代に流行ってよく作っていました。

ここでは、小学生も自分で作れるとても簡単なミサンガの作り方を紹介します。お気に入りの毛糸で作ってみてください。

著者がミサンガを作った理由

このミサンガは、著者がボランティア先に行ったときに小学生の子どもたちと一緒に作れるものをということで考えて作ったものです。

道具もいらず、簡単なので皆で楽しみながら作ることができました。

用意するもの

  • 毛糸 50センチ程度

ここでは、飾りのついたモヘアの毛糸を使用しています。指編みの場合、毛糸は太めでモヘア素材のものが仕上がりが可愛くなります。

ミサンガの作り方

STEP1:輪をつくる

毛糸の一方の端を4センチほど残して、輪を作ります。赤い紐はわかりやすく拡大したものです。

STEP2:輪の中に毛糸を通す

「1」の輪の中に、毛糸を通して輪をつなげていきます。はじめに作った輪の中に指を入れて、糸をつまみ出すようにするとうまく作れます。

STEP3:輪をつなげる

「2」の輪を繰り返して、15センチ程度の長さまで編みます。

STEP4:端を留める

毛糸の最後を輪の中に通し、引き出して終わります。

STEP5:両端をむすんで完成

両端に出た毛糸をむすんで、ミサンガを円状につなげれば完成です。端の糸は3,4センチ程度に切り揃えましょう。

うまく作るポイント

輪をつくるときは、ぎゅっと固く作らずに緩めに作った方が作りやすく、仕上がりもきれいです。

毛糸をモヘアの毛足の長いものを選ぶと絡まりやすいので気をつけてください。けれどモヘヤの場合、毛足が長い分、輪の大きさのバラ付きが目立たず、仕上がりはきれいになります。

おわりに

最近は、可愛い毛糸がたくさん出ています。指編みコーナーで探すと、編みやすい太さや素材の毛糸が多くあるので見てください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。