1. 料理
    2. きのこと栗の秋味ハンバーグの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    きのこと栗の秋味ハンバーグの作り方

    ここでは、栗を使ったメインのおかずになるレシピを紹介します。きのこたっぷりで、栗の食感と甘みがおいしい秋の味覚がつまった煮込みハンバーグです。

    材料(4人分)

    • 合い挽きミンチ 300g程度
    • あま栗 8〜10粒
    • まいたけ 1/2パック
    • しめじ 1/2パック
    • エリンギ 1本
    • パン粉 大さじ2〜3
    • 牛乳 大さじ3
    • しょうゆ 大さじ2〜3(全体で)
    • バター 大さじ1
    • 塩コショウ 少々
    • みりん 小さじ2

    その他、飾り付けに水菜を少々使っています。

    作り方(調理時間:30分)

    STEP1:きのこを切る

    舞茸としめじは、5mm程度の粗みじん切りにします。

    エリンギは、横半分に切ったあと、幅3mm程に切りにします。

    STEP2:栗を切る

    甘栗は皮をむき、5mm程度の粗みじんに切ります。

    STEP3:きのこを炒める

    STEP1の舞茸としめじを、大さじ1のバターを入れたプライパンに入れ、中火で1分ほど炒めます。しんなりしてきたら、しょうゆ大さじ1を加えます。

    その後、皿に移し、粗熱をとっておきます。

    STEP4:パン粉を湿らせる

    パン粉大さじ2〜3に、牛乳大さじ3を加え、パン粉をしんなりさせておきます。

    STEP5:タネを混ぜる

    ミンチ、栗、きのこ、パン粉、塩コショウ少々をボウルに入れ、粘り気が出るまで混ぜます。

    ぺたっとした感じで手につかず、まとまるくらいの柔らかさになるまで混ぜましょう。硬い場合は牛乳、柔らかい場合はパン粉を加えて調整してください。

    STEP6:成形する

    5のタネを4等分し、俵型に成形します。今回は煮込みハンバーグなので、真ん中はくぼませなくても大丈夫です。

    STEP7:焼く

    大さじ1の油をひいたフライパンを中火にかけ、ハンバーグを焼きます。両面の表面に焼き色がつく程度に、片面2分程度ずつ焼きます。後で煮込むので中まで火を通す必要はありません。

    STEP8:エリンギを加える

    両面に焼き色が付いたら、エリンギを加えます。この段階でエリンギに火をしっかり通さなくても大丈夫です。

    一緒に煮込むきのこを、舞茸にすると、黒っぽい煮汁の色になってしまうので、ここで使用したエリンギやしめじ、しいたけなどを使用すると、きれいに仕上がります。

    STEP9:煮込む

    火を弱火にして、水100ccとしょうゆ大さじ1、みりん小さじ2を入れ、ハンバーグの中までしっかり火が通るまで蓋をして煮込みます。竹串などでハンバーグを刺し、中から出てくる肉汁が透明であれば焼けています。

    STEP10:盛りつけたら完成!

    盛りつけて完成です。

    水菜や青みの野菜を少しトッピングするだけで、見た目が色よく仕上がります。

    作り方のコツ

    きのこや栗は細かく刻みすぎず、粗みじんの方が食感が楽しめます。また、煮込みハンバーグにするので、ハンバーグを焼く際は焼き色が表面につく程度でよいです。火を通しすぎると固くなってしまいます。

    おわりに

    バター醤油の香りと栗の甘みで食欲の秋にぴったりのレシピです。お試しください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人