\ フォローしてね /

洗濯後に生地が毛羽立った時の3ステップ対処法

洗濯をした後に洋服の生地が毛羽立ったことはありませんか。摩擦に弱い繊維のものは着用中だけでなく、洗濯の仕方によっても毛羽立ってしまいます。全く元通りにはなりませんが、早めに対処すれば目立たなくさせることはできます。今回は筆者が行っている毛羽立ってしまった生地の対処法を紹介します。

毛羽立ってしまう原因

生地が毛羽立ってしまう原因は、摩擦によるものです。着用中に生地同士がこすれたり洗濯している間にこすれ合ったりすると繊維が毛羽立ち、これがひどくなると毛玉のように絡み合います。

特に摩擦に弱いアクリルやポリエステルと他の繊維との合成繊維でできた生地は、毛羽立ちやすいです。

対処に必要な道具

  • 毛玉取り機
  • 和バサミ(握りバサミ)
  • スチームアイロン(または霧吹き)
  • アイロン台
  • あて布(ハンカチなど)

手順

ここではポリエステル、レーヨンの合繊のカットソーを例に実践します。

STEP1:毛玉取り機で大きな毛羽立ちを取る

平らな所に生地を置いて、毛玉取り機で大きな毛羽立ちを取ります。毛玉になってしまっているような大きな毛羽立ちは取れます。

ここでは電池式の毛玉取り機を使用していますが、他のタイプでも構いません。ただし生地を巻き込まないように取り扱いには注意して下さい。

STEP2:和バサミで細かな毛羽立ちを切り取る

毛玉取り機では取れない細かな毛羽立ちを、和バサミで切り取っていきます。生地を切ってしまわないように寝かせるようにして刃先を細かく動かしてください。

毛羽立ち部分を切る時は、細かい繊維のゴミが沢山出ます。ゴミがくっついていると作業しにくいので、ガムテープや洋服用のブラシを使うと効率よくできます。

STEP3:スチームアイロンで押さえる

最後に当て布の上からスチームアイロンで軽く押さえます。湿気によって摩擦が抑えられ、毛羽立った繊維が落ち着きます。スチームの代わりに霧吹きを当て布にかけてアイロンをしても構いません。

アイロンがけをする時にはタグを見て、アイロンの温度を確認してから対処するようにしてください。低温でスチームが無理な時は当て布だけでやってみてください。

終了

これで毛羽立ちは目立たなくなりました。

洗濯物の毛羽立ちを防ぐコツ

摩擦を極力抑えるように、洗濯機で洗う場合は洗濯用ネットに裏返して入れてください。この時、ネットの中で動かないように小さめのネットに畳んで入れることをおススメします。手洗いの場合もネットに入れて、あまり動かさないように押し洗いして下さい。きつく絞ることも毛羽立ちの原因になるので、避けましょう。

さいごに

筆者も洗濯をする時に、うっかり表向きにしてしまったり大きなネットに入れてしまったりすることがあります。毛羽立ちがひどくならないうちに早めに対処し、その後の取り扱いにも注意しなくてはいけませんね。本記事が参考になれば嬉しいです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。