1. 暮らし
    2. 洗濯機でもOK!ナイロン素材の洗濯物の洗い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    洗濯機でもOK!ナイロン素材の洗濯物の洗い方

    洗濯物を家で洗う時は繊維の特徴を踏まえて、正しい方法で洗濯しなければいけませんね。

    今回は著者が行っているナイロン素材の洗濯物の洗い方を紹介します。

    ナイロン素材を見分ける方法

    商品についているタグを見れば、素材が表示されているので、ナイロン素材かどうか分かります。

    素材の特徴としては丈夫で弾力性があり、吸湿性が少ないことがあげられます。濡れてもすぐに乾きます。

    ポリエステルとよく似た特徴ですが、同じ分量のものを持ってみるとポリエステルより軽いことがわかります。また、水滴を垂らすと転がるように玉になって、繊維に染みないのがナイロン素材です。

    ただしナイロンと他のものの合繊や、表面加工の有無などで全てそうなるわけではありません。

    洗濯に使う道具

    • 洗濯石鹸
    • 歯ブラシ
    • オシャレ着用洗濯洗剤

    洗い方

    STEP1:タグに表記されている洗濯マークを確認

    まずタグに表示されている洗濯マークを確認します。

    今回のナイロンパーカーには洗濯機で30度以下の弱流という表示があるので、洗濯機のドライコースで洗うことができます。

    STEP2:洗濯石鹸で予備洗いをする

    襟元や袖口など気になるところを予備洗いします。

    歯ブラシに水をつけて洗濯石鹸にこすりつけてから、汚れの部分を軽くこすって洗います。泡立ちが悪ければ少し水を足します。

    目立った汚れが薄くなれば、予備洗いは終了です。

    STEP3:そのまま洗濯機に入れる

    予備洗いが終わったら、水で濯がずにそのまま洗濯機に入れます。

    ただし予備洗いで石鹸を沢山つけた場合、汚れの範囲が広かった場合は、さっと濯いでから洗濯機に移してください。

    STEP4:洗剤を入れる

    オシャレ着用の洗剤を、パッケージ記載の適量分入れます。

    STEP5:ドライコースで洗う

    洗濯機のドライコース(弱流コース)で洗います。

    洗濯機ではなく手洗いする場合は、もみ洗いするとシワになるので押し洗いをして下さい。また手絞りでは弱く絞るようにしてください。

    STEP6:形を整えて陰干しする

    脱水が終わったら形を整えて、風通しの良い場所で陰干しします。これで洗濯は終了です。

    ナイロン素材の洗濯物の洗い方で注意すること

    ナイロン素材は塩素系漂白剤は使えません。漂白する場合は酸素系漂白剤を使用してください。

    丈夫な繊維ですが、強くこすったり揉んだりすると傷みの原因になります。予備洗いする場合も軽くこする程度にして下さい。

    また熱に弱いので、風呂の残り湯を利用する場合は水温に気をつけてください。

    おわりに

    ナイロン素材は軽くて扱いやすく、洗った後も速乾性があるのでお手入れは楽ですね。洗濯マークを確認して、汚れがひどくなる前に洗うようにしましょう。 ナイロン素材のお手入れの参考になれば嬉しいです。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人