\ フォローしてね /

10分でできるシリコンスチーマー餃子鍋の作り方

冷凍庫にあるストック中心の鍋を作ることができます。シリコンスチーマーに入れて、加熱するだけの簡単レシピで、かかったのは10分以内。それに合わせるのは、青じそドレッシングです。邪道かもしれませんが、これが合うんです。

材料(1人分)

  • 冷凍讃岐うどん 1個
  • 冷凍水餃子 6個
  • カットわかめ 大さじ1
  • 豆腐 1丁
  • 丸鶏がらスープ スティック1本
  • 水 400ml
  • 青じそドレッシング 適宜
  • いりごま(トッピング) 少々
火が通りやすいねぎや白菜があったら、入れてもOKです!

作り方(調理時間:10分)

STEP1:材料の下ごしらえ(豆腐)

豆腐はさいの目状に切ります。

STEP2:材料の下ごしらえ(うどん)

冷凍讃岐うどんは、水をかけてほぐしておきます。

水をかけておくことで、加熱時間を短縮できます。

STEP3:材料を入れる

シリコンスチーマーに、水と丸鶏がらスープを入れて溶かした後、豆腐、水餃子、カットわかめ、うどんを入れます。カットわかめは戻す必要なし!加熱する間に自然に戻ります。

シリコンスチーマーのかわりに耐熱容器でもOKです。蓋ができるものを選んでください。

STEP4:加熱

シリコンスチーマーの蓋をして、電子レンジ600Wで6分30秒加熱します。わかめが戻り、全体から湯気が出ていたら完成です。

しっかり湯気が出るくらいまで加熱します。「いりごま」はトッピングとしてお使いください。

作り方のコツ・注意点

「青じそドレッシング」が味のアクセントに!

丸鶏がらスープの味は薄味なので、「青じそドレッシング」をつけて食べます。もし、「青じそドレッシング」がなければ「ぽん酢」や「ごまだれ」でもいいのですが、意外と「青じそドレッシング」がさっぱりしてて合いますよ。

おわりに

湯気が出てハフハフいいながら食べてみてください。冷凍状態から加熱するので、しっかり火を通すのがポイントです。冷凍讃岐うどんは多少加熱しすぎても伸びないので、筆者の場合はアツアツになるまで加熱して食べています。ぜひ、作ってみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。