\ フォローしてね /

ガーゼハンカチをもっと可愛く!ハンカチへの可愛い刺繍のやり方

赤ちゃんがよく使うガーゼのハンカチに、刺繍をしてみました。

ここでは、女の子をイメージしたさくらんぼにしました。柄はとてもシンプルですが、素朴さがガーゼの風合いとあっていて可愛くなりますよ!好きな絵柄で簡単に刺繍できますので、是非試してください。

筆者は、小学生時代に手芸クラブに入ったのをきっかけに、趣味として続けてきました。刺繍もその一つとして楽しんでいます。

使用する道具・材料

  • 刺繍糸:赤、緑(各3本どりで約60cm)
  • 刺繍針
  • チャコペンシル
  • はさみ

やり方

STEP1:下絵を描く

刺繍をしたい場所に、下絵をチャコペンシルで描きます。

濃く描くと色が残ってしまうので、薄目に描いています。

STEP2:針に糸を通し玉止め

針に刺繍色を3本通し、端を玉結びします。

STEP3:バックステッチで実を刺繍

8の字を描くように、2つの実の真ん中から針を刺しスタートします。ここでは、全てを「バックステッチ」で刺繍します。

「バックステッチ」とは、ひと針後ろから刺し、ひと針分先に針を出します。その後、ひと針後ろから再度針を刺すことを繰り返して刺繍していくものです。詳しくは巻きつけ バック ステッチの縫い方をご覧ください。

STEP4:糸を処理する

刺繍ができたら、裏面にもってきた糸をこれまでやった刺繍の裏糸に数回くぐらせ、刺繍糸にからませてから切ります。

STEP5:葉を刺繍

同じように、バックステッチで枝と葉の部分をRの字を描くように、左の枝、葉、右の枝の順に刺繍して、完成です。

きれいに仕上げるコツ

ガーゼのハンカチには、余り華美なデザインの刺繍よりもシンプルで素朴な絵柄の方が可愛くて似合うと思います。

1本取りなど糸が細すぎると、ガーゼの目を通って抜けてしまうので3本取り以上をおすすめします。

強く引っ張ると途中で刺繍が引きつるので、刺繍の際は、柔らかいイメージで糸を引きます。

おわりに

簡単な方法ですので、皆さんも試してみて下さい。刺繍をしたハンカチをプレゼントしても喜ばれると思います。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。