\ フォローしてね /

腰回りは裏返すのがポイント!パンツの基本的なアイロンのかけ方

シワのないパンツは着用していて見栄えがよく気持ちがいいですよね。

今回は筆者が実践している女性用パンツの基本的なアイロンのかけ方をご紹介します。

用意する道具

  • アイロン
  • アイロン台
  • ハンカチ(あて布として使用)
  • アイロンをかけるパンツ

具体的なアイロンの手順

このパンツは洗濯表示のアイロンがけは「弱でスチーム不可」との記載があるので、そのように設定してかけていきます。

STEP1:腰回りを裏返す

パンツの腰回りを裏返し、アイロン台の左側を利用して平らに広げます。

ウエストやポケット部分にアイロンをかけていきます。この面が終ったらパンツを回転させて1周すべてにアイロンをかけます。

ファスナー部分も忘れずにやります。面積が狭いので、アイロンの先(三角になっている箇所)を使って丁寧にかけていきます。

STEP2:太ももから膝部分にアイロンをかける

パンツを表に戻し、太ももから膝部分をアイロン台に広げて乗せ、ハンカチであて布をしてアイロンをかけていきます。

STEP3:裾部分にアイロンをかける

女性用パンツによくある裾の飾りを避けるため、上下に分けてアイロンをかけます。

下側が終ったら今度は上側にあて布をしてアイロンをかけます。

STEP4:内側部分にアイロンをかける

次にパンツの内側をアイロン台に広げます。

こちらも同様に、太ももから膝、裾の順番にあて布をしながらアイロンをかけていきます。

その後、もう一方の足も同様にアイロンをかけて終了です。

その他アイロンをかけるときに注意すること

アイロンをかけるまえに、パンツ裏の洗濯表示を必ず確認し、アイロンの温度やスチーム使用の可否を確認してください。

もし詳細な記載が無い場合は低温、スチーム無しでのアイロンかけが無難です。

おわりに

いかがでしたか。腰回りのアイロンかけでパンツを裏返す方法は、スムーズにアイロンがけできて、さらにテカリ防止にもなるのでオススメですよ。

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。