\ フォローしてね /

柔軟剤で窓ガラスの汚れを防止する方法

窓ガラスは汚れがとてもつきやすい場所です。こまめな掃除も必要ですが、手間を省くため、あらかじめ汚れを防止しておきたいものです。

この記事では、家にあるもので簡単に汚れを防止する方法についてご紹介していきます。筆者は1か月に1度程度、朝、掃除機をかけるときに行っています。

必要なもの

  • 雑巾2枚
  • 柔軟剤
柔軟剤の成分が静電気を抑えるため、窓ガラスにホコリなどの汚れが付着するのを防ぐことが出来るそうです。窓ガラス以外の掃除にも応用できます!

具体的な手順

STEP1:乾いた雑巾で拭く

まず乾いた雑巾で窓ガラスを拭き、汚れを落とします。

STEP2:水を用意

水を計量カップで量って500cc、器に入れます。

STEP3:柔軟剤を入れる

柔軟剤を小さじ1杯入れます。目分量で構わないので、柔軟剤の付属キャップに入れて注ぎましたが、正確に量りたい方は計量スプーンを使ってください。

水と柔軟剤の割合は「100:1」です。誤差があっても特に問題ありません。

STEP4:雑巾を浸ける

もう1枚の雑巾を作った液の中に浸してから、固く絞ります。

STEP5:絞った雑巾で拭く

STEP4の雑巾で窓ガラスを拭きます。そのまま空拭きをせず、置いておきます。乾いたら完了です。

注意すること

柔軟剤入りの水に浸した後、ぎゅっと固く絞ってください。雑巾から水がボタボタ滴るような状態だと、窓ガラスに水滴の跡がつきます。

汚れ防止のためには、雑巾を固く絞ることが大切です。

おわりに

柔軟剤は洗濯物の静電気を防ぐだけでなく、窓ガラスの汚れも防止してくれます。いい香りもしますので、ご自分の好みの柔軟剤で試してみてはいかがでしょうか。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。