1. 趣味
    2. リボンで簡単!カゴを使って素敵にラッピングする方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    リボンで簡単!カゴを使って素敵にラッピングする方法

    プレゼントのラッピングの方法は様々ですが、ここではカゴを使ってラッピングする方法を紹介します。

    用意するもの

    • カゴ
    • セロテープ
    • セロファン包装紙
    • はさみ
    • リボン(ここでは1.5cm幅を2色使っています。)
    • クッション用の詰め物
    • プレゼント(ここではぬいぐるみ、ハンドクリーム等)

    カゴを選ぶポイント

    プレゼントのテーマに合わせます。出産祝い、結婚祝い、誕生日、クリスマスプレゼントまたは母の日等、テイストに合うカゴを選びましょう。

    物を入れるので、底が平で安定感のあるものがお勧めです。プレゼントが入る大きさのカゴを選んで下さい。

    触ると引っ掛かる様なさわり心地のカゴだと、プレゼントを傷付けたりするので、表面を滑らかに処理したカゴがお勧めです。

    ラッピングのやり方

    STEP1:詰め物を入れる

    カゴからプレゼントがよく見える高さになるように、詰め物を入れます。ここではうさぎのぬいぐるみに合うように緑色の紙を細く切った詰め物で草の雰囲気にしています。

    STEP2:高くて大きい物から入れる

    高くて大きい物は奥から、入れます。

    STEP3:背の低い物を入れる

    背の低い物は手前に入れます。メインで見せたい物を中央に小物は動かないようにテープで固定してサイドに詰めます。

    STEP4:セロファン紙で包む

    セロファン紙の中央にカゴをのせます。

    上下の端を手で引き、カゴの取っ手のところで絞ります。サイドが余る場合は手前から後ろにセロファンが真っ直ぐになるようにしてテープでとめます。

    フロントにしわがよらないようにします。

    STEP5:リボンを掛けて出来上がり

    これで完成です。

    おしゃれに見えるコツ

    中に入れた物が綺麗に見えるように詰め物で高さを合わせます。

    背の高い物は奥に、低い物は手前に置きます。大きい物から先に入れ、小物は動かないようにテープでとめると綺麗に仕上がります。詰め過ぎにならないように注意しましょう。

    プレゼントの色やテイストを統一するとお洒落に見えます。

    カゴに一工夫するコツ

    カゴの取っ手部分にリボンを巻くととてもお洒落になります。お好みのリボンを3種類用意します。

    STEP1:リボンを結ぶ

    端を20cmほど残して取っ手の端で結んで固定してからグルグル巻きつけます。

    STEP2:リボンを巻き付ける

    取っ手に緩まないように手で引きながらリボンを巻き付けます。

    STEP3:3色のリボンで飾る

    他の2色のリボンも同様に巻くとこうなります。端はリボン結びで留めます。

    この方法で作った白いカゴです。家にある造花をテープで付けるとさらにお洒落になります。

    おわりに

    ここではカゴを使ってお洒落にラッピングする方法を紹介しました。そのまま飾ってインテリアとしても楽しめますし、プレゼントを出した後に素敵な小物入れのカゴとして使ってもらえるのがいいですね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人