\ フォローしてね /

レンジで丸ごと!「トロトロ新玉ねぎの黄金スープ」の作り方

nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
かかる手間
Image cooktime01
食べられるまで
8

編集部からのポイント

  • 素材の甘み

    玉ねぎは天然のうま味カプセル!簡単な味付けでそのままでもおいしい

  • レンジで時短

    疲れた夜も忙しい朝もあともう1品!というときにも大助かり

  • 本格派にアレンジ

    柔らかく瑞々しい新玉を鍋で煮込めば頬がとろけるようなスープに

  • 材料(1人分)

    • 新玉ねぎ…小1個(約100~150g)
    • ベーコン…1/2枚
    • (A)コンソメ顆粒…小さじ1/2(約1.5g)
    • (A)塩…少々
    • (A)こしょう…少々
    • (A)水…100ml
    新玉は3日以内に調理!1
    新玉ねぎは水分が多いため、冷蔵庫に入れても2~3日で傷んでしまいます。鮮度が落ちないうちに買ったらすぐ調理しましょう。
    大きいサイズの新玉ねぎでも大丈夫?2
    大サイズでも大丈夫です。その際は新玉ねぎに十字の切れ目を入れる前に、横半分に切りましょう。中まで火が通りやすくなります。
    普通の玉ねぎでも作れる?
    問題なく作れます。ただ、新玉ねぎのほうが柔らかくトロトロにほぐれるので、スープと一緒に頬張るのにぴったりです。普通の玉ねぎは味がぎゅっと凝縮されているので、そのまま丸ごと食べるレシピがおすすめですよ。
    ペロリと食べられる超簡単「たまねぎ丸ごと蒸し」の作り方

    作り方(調理時間:8分)

    1新玉ねぎを切る

    新玉ねぎは上に十字の切れ目を入れます。バラバラに切り離さないように、下の部分を1/3程度残して切りましょう。

    大サイズなら横に2等分して使う
    新玉ねぎが大きめのサイズなら、横方向に2等分してから、それぞれ切り離さないように十字の切れ目を入れましょう。

    2新玉ねぎをレンジで加熱

    耐熱容器に新玉ねぎを入れ、ふんわりとラップをかけてレンジで加熱します。

    加熱時間の目安は500Wで4分30秒、600Wで4分です。新玉ねぎにつまようじがすっと通るようになればOKです。

    どうしてふんわりラップするの?3
    ぴったりラップをすると、蒸気の圧力でラップが破裂します。食材が高温になるなど危険なので、ラップはふんわりかけましょう。

    3ベーコンを切る

    ベーコンは5mmの角切りにします。

    4材料を加える

    玉ねぎの器に切ったベーコンと(A)をすべて加えます。

    塩は控えめのほうがうまうま味が引き立つ
    ベーコンに塩分があるので塩は少々にするのがおすすめです。新玉ねぎの本来のうま味がじっくりと味わえます。
    少々ってどのくらいの量?4
    一般的に「少々」は親指と人差し指でつまんだくらいの量です。0.5g程度を目安にしましょう。

    5再度レンジ加熱

    耐熱容器にラップをふんわりとかけて再度、レンジで加熱します。

    加熱時間の目安は500Wで1分30秒、600Wで1分20秒です。

    6盛りつけて完成!

    レンジから取り出せば、完成です。あればカイワレ大根やパセリなどの薬味を散らすとキレイですよ。

    鍋で煮込んで本格派にアレンジ!

    新玉ねぎは生のままでも美味しいですが、鍋で煮込めば簡単に本格派のスープが作れます。

    材料をすべて鍋に入れ、中火で沸騰させたら弱火にして20分ほど煮込めばトロットロに崩れ、爽やかなうま味が溶け出した金色のスープが味わえます。

    玉ねぎはそれ自体が“美味しいカプセル”なので、手間暇をかけなくても十分に本格的な1皿が完成します。材料を器に入れてチンすればそのまま食べられるので、時間のない朝や夜食にもぴったりですよ!

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    追記した箇所一覧

    • 12018年03月09日「新玉ねぎの鮮度」について追記しました。
    • 22018年03月09日「新玉ねぎのサイズ」について追記しました。
    • 32018年03月09日「ラップのかけ方」について追記しました。
    • 42019年01月18日「少々の分量」について追記しました。
    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!

    nanapiモーメントで紹介しているツイートです。

    Banner line

    編集部にリクエスト!

    「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。