1. 暮らし
    2. 表地がナイロンのダウンジャケットを「洗濯機」or「手洗い」で洗う方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    表地がナイロンのダウンジャケットを「洗濯機」or「手洗い」で洗う方法

    nanapi

    ウィンドブレーカーやジャンパーなど、「ナイロン素材」のものはたくさんありますが、ダウンやフェザーのように何も考えず洗濯機に入れてもいいのか気になる素材でもありますよね。今回は、表地がナイロン素材のダウンジャケットを洗う方法をお伝えします。

    ナイロンの洗濯はそこまで神経質になることはないと思います。気を付けるポイントは干すときだけです。

    素材を見分ける方法

    素材を見分けるためには、衣服裏にあるタグを確認します。

    筆者のこのジャンパーには「表地 ナイロン100%」「裏地 ナイロン100%」と書かれています。

    洗濯機で洗えるか確認1

    タグの洗濯表示を見て洗濯機可か確認します。どの洗濯表示なら洗濯機で洗えるのかは洗剤のパッケージに書かれているので、チェックしましょう。

    筆者のジャンパーには「洗濯機マーク」と「手洗い40度マーク」がありました。この場合「洗濯機」でも「手洗い」でも洗え、手洗いの場合は40度の水温で洗ってくださいという意味です。

    どうして洗濯機で洗えないものがあるの?
    服の生地には伸び縮みや型崩れしやすいものもあり、洗濯機では負荷が大きく、傷んでしまう可能性があるからです。

    用意するもの

    • おしゃれ着洗剤
    • 洗面器(洗濯機禁止のものを洗う場合)
    • 洗濯ネット

    おしゃれ着洗剤はどのメーカーのものでも「中性洗剤」です。中性洗剤は衣類への負担が少なく、デリケートな素材のものを洗うときに使います。色合いや風合いを保って汚れを落とすなら中性洗剤がおすすめです。ナイロン素材の衣類の洗濯の際も生地を守るため、「中性洗剤」を使います。

    洗濯機で洗える場合

    STEP1:ネットに入れて、洗濯機に入れる

    まず服をたたみ、大きすぎず小さすぎないネットに入れます。ネットに入れるのはしわを防ぐためです。またジャンパーなど中にダウンやフェザーが入っている服の場合、ダウンやフェザーが寄って型崩れするのを防ぎます。

    ネットに入れて振ったときに、ガサガサするものは大きすぎですし、ネットに入れるために4つ折りしないと入らないようなものは小さすぎです。

    ジャンパーのように前にジッパーがある場合は、閉めてからネットに入れましょう。型崩れ防止のためです。

    STEP2:おしゃれ着用洗剤を入れる

    洗濯機の水に合わせておしゃれ着用洗剤を入れます。

    筆者の家は「エマール」を使っています。「エマール」の場合は水30リットルにつき40ミリリットルです。

    洗剤によって分量も変わるので、お手持ちの洗剤の表示を確認してください。

    STEP3:コースを選ぶ

    洗濯機のコースを「デリケート」に合わせて洗います。「デリケート」にするのは、表面の風合いを保つためと、もし洗う衣類の中にダウンやフェザーが詰まっている場合、中のものが寄ったりするのを防ぐためです。

    筆者は「デリケート」コースのない洗濯機を使ったことがありませんが、ない場合は服をネットに入れ、「ノーマル」コースで、脱水時の時間をノーマルの半分くらいにして様子を見るのがいいと思います。

    洗濯機を使うと脱水時に服が伸びたり、形が崩れたりするので、半分くらいの時間が経ったら一度「一時停止」をして服を取り出し、水が滴ったりしないようであれば、そのまま干します。

    もしまだ水が滴るようであれば、再度洗濯機に入れ、1分ごとに「一時停止」して様子を見ます。

    STEP4:陰干しする

    洗濯が終了したら必ず陰干しをしましょう。

    ナイロンは日光に弱く、日に当たると焼けてしまいます。焼けると変色し、その色は洗濯しても元に戻せませんので、陰干しは徹底してください。

    チャックをしめて干すと、ハンガーがきちんと肩に部分にくるので、肩回りの型崩れを防げます。

    干すときにパンパン叩くことでダウンやフェザーのボリュームが戻りやすくなります。全体をまんべんなくパンパンしましょう2

    手洗いの場合

    STEP1:お湯を張る

    洗面器や洗面台に、40度のぬるま湯を張ります。

    STEP2:おしゃれ着用洗剤を入れる

    おしゃれ着用洗剤を入れます。

    手洗いの場合と洗濯機の場合で量が違うので洗剤のパッケージをしっかり確認しましょう。

    STEP3:洗濯物を入れる

    洗面器には衣服をきちんとたたんだ状態で入れます。

    ぐちゃぐちゃに洗面器に入れて押し洗いした場合と、たたんだ状態で洗面器に入れて押し洗いした場合では、仕上がるときの「しわ」加減、中のダウンやフェザーの寄り加減が違います。

    たたんだ状態で入れ、丁寧に押し洗いしましょう。

    STEP4:押し洗いをする

    押し洗いします。10回くらい押しては衣服が自然に浮いてくるのを待ち、浮いてきたら押すを繰り返します。

    STEP5:ネットに入れ、洗濯機に入れる

    軽く絞ってネットに入れます。大見出し「洗濯機で洗える場合」の内容と同じように、ちょうどいいサイズのネットに入れましょう。

    STEP6:コースと「脱水」を選ぶ

    洗濯機に入れて「デリケート」コースの「脱水」を選びます。

    デリケートコースがない場合は、洗剤のパッケージに書かれた時間脱水します。もしパッケージに書かれていないときは1分以内が目安です。

    脱水時に特に型崩れや表面の風合いが損なわれるため、あまり長く脱水しないようにしましょう。

    STEP7:陰干しする

    脱水が完了したら、ハンガーにかけて陰干しします。

    乾燥機について3

    乾燥機の使用については、「ダウンやフェザーのボリュームを戻すには乾燥を使うのがベスト!」「ナイロンは熱に弱いから使っちゃダメ!」など、さまざまな意見がありますが、タグに書かれた洗濯表示を見れば使っていいものかどうかわかります。

    2016年12月に改定された新しい洗濯表示では四角の中に丸が書かれているのが乾燥機のマーク。丸の中に2つ「・」があると80℃まではOK、1つ「・」があると60℃までOK、マークにバツがついていたら乾燥機は使えません。乾燥機の温度も含めてチェックしてみましょう。

    古い洗濯表示には乾燥機に関するマークがないので、タグの注意書きに書かれていないか確認して、もし何もない場合は使わないほうが無難です。
    洗濯表示についてはこちらのページも参考にしてみてください。
    新しい洗濯表示/消費者庁

    注意点

    ナイロンは日光弱いので日焼けしてしまいます。以前筆者もそれを知らず、真っ白のナイロンのジャンパーを洗って外干ししてしまい、黄ばんでしまったことがあります。日焼けは汚れではないので、元に戻せません。注意してください!

    また、表地のナイロンだけではなく、中にダウンやフェザーが詰まっている場合などは中のもののことも考えて、洗濯機ではぜひ「デリケート」コースを選び、丁寧に優しく洗ってください。

    さいごに

    ナイロン生地の服は冬に使って、また衣替えまで保管する場合が多いですね。きちんとした方法で洗濯して来年またお気に入りの洋服を着れるよう、この記事が多くの方に役立つことを願っています。

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    追記した箇所一覧

    • 12018年05月01日「洗濯機で洗えるか」について追記しました。
    • 22018年05月01日「干し方」について追記しました。
    • 32018年05月01日「乾燥機」について追記しました。
    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!