\ フォローしてね /

すり身と相性抜群!蓮根すり身サンド天ぷらの作り方

蓮根のさくっ!と白身のすり身のふわっ!が一度に楽しめるのに、ヘルシーな嬉しい1品の蓮根すり身サンド天ぷらです。

ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにも満足できちゃう1品です

材料(15枚分)

  • 蓮根水煮スライス・・・30枚
  • 海老入りすり身・・・200g
  • サラダ油・・・適量

卵のいらない天ぷら粉

  • (A)薄力粉・・・50g
  • (A)片栗粉・・・10g
  • (A)水・・・90cc
  • (A)塩・・・1つまみ

作り方(調理時間:30分)

STEP1:天ぷら粉を作る

(A)の材料を合わせ天ぷら粉を作ります。蓮根の水煮はザルにあけ水気を切っておきます。

STEP2:すり身を乗せる

レンコンのスライスを並べ、その上にすり身を大さじ1くらい乗せ、その上にもう1枚のレンコンスライスを乗せて軽く押さえます。

STEP3:衣をつける

STEP2をSTEP1の衣につけます。

STEP4:揚げる

鍋にサラダ油を入れ、170度に熱しSTEP3を入れます。中火で裏表2分ほど揚げましょう。

油の温度の目安についてですが、天ぷら粉を1~2滴を油の中に落としてみて、天ぷら粉が底までいかず途中で浮き上がってきたら、170度前後の温度になっています。

衣がキツネ色になったら油からキッチンペーパーなどにあげ、油を切ってください。

STEP5:完成!

麺つゆやお醤油・塩などをつけて召し上がりくださいませ。完成です!

作り方のコツ

油のはねに注意

揚げ物の時は油に十分注意しましょう。

ここでは、蓮根すり身サンド天ぷらの作り方を紹介しました。ぜひ、作ってみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。