1. 趣味
    2. ゆるかわいい!簡単に似顔絵を描く方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ゆるかわいい!簡単に似顔絵を描く方法

    かわいい似顔絵を描けるようになりたいと思ったことはありませんか?似顔絵はコツさえつかんでしまえば、簡単に描けます。ゆるい、かわいい似顔絵を描くので、あまり服装や表情をリアルに書き込む必要はありません。そのため、誰でも短時間で描けるのです。道具も鉛筆や色を塗るためのマーカーがあれば大丈夫です。何回かチャレンジすれば自分が納得いくものが描けるでしょう。それでは、ゆるかわいい似顔絵の描き方をご紹介します。

    はじめに

    みなさんは「かわいい似顔絵をささっと描けるようになりたい!」と思った経験はありませんか?

    似顔絵はコツさえ掴めば、とっても簡単に描けてしまうものなのです。こちらでは誰でもカンタンに短時間で描ける、ゆるかわいい似顔絵の描き方をご紹介いたします。

    ゆるかわいい似顔絵の描き方

    STEP1:アタリを描く

    まず顔を描く時にバランスをとりやすくするため、アタリをとりましょう。丸を描いて、ちょうど真ん中の位置でクロスするように線を引きます。

    この丸を基本にして、輪郭や髪などの顔のパーツをどんどん描き込んでいきます。

    STEP2:輪郭を描く

    次に輪郭を描きます。アタリで描いた丸の下半分をなぞります。これが顔の輪郭になります。

    STEP3:からだと服を描く

    輪郭が出来たら、そこに繋げて体と服を描きましょう。ここでは衿(えり)を描いてブラウスを着せてみました。

    ゆるい似顔絵なので、服をリアルに描き込む必要はありません。

    STEP4:前髪を描く

    いよいよ髪に入ります。まずは髪の流れを意識して前髪を描きます。

    アタリで描いた丸の上半分を位置の目安に、大きなジグザグで前髪を描いていきます。

    前髪の分け目や流れている方向など、モデルをよく観察して描きましょう。

    STEP5:頭とサイドの髪を描く

    前髪が描けたら、頭とサイドの髪を描いていきます。必要でしたら耳も描きましょう。

    アタリの丸を包み込むように描くとバランスが取りやすいです。

    STEP6:表情を描く

    次は一番大事な表情を描いていきます。顔のパーツはアタリで描いた丸の下半分(赤線で囲んだあたり)に描くのがポイントです。

    目や口もリアルに描かずに、このように簡略化して描くことでゆるい表情を付けることが出来ます。

    目と口を少し変えるだけで、様々な表情を作ることが出来ます。ここまで描けたら下書きは完成です。

    モデルの顔のパーツや表情をよく観察して、特徴を見つけて表現してみてください。

    STEP7:着色する

    せっかくなので着色にも挑戦してみましょう。着色方法はマーカーでも色鉛筆でもパソコンでもなんでも構いません。

    色が付くだけでイラストがずいぶん華やかになりますよ。

    こちらは影とハイライトを入れたものです。

    影とハイライトは入れすぎると、ゆるさがなくなってしまうのでほどほどに。

    STEP8:完成

    ここでは背景を着色して、アクセサリーを描き足してみました。これでゆるかわいい似顔絵の完成です。

    おわりに

    いかがでしょうか?簡略化したゆるい似顔絵とは言え、髪型や顔の特徴さえしっかり掴むだけでなんとなく雰囲気が出てくると思います。

    まずは鏡を見ながら、自分のゆるい似顔絵に挑戦してみてくださいね。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人