\ フォローしてね /

切り込み隊、参る!将棋の「早石田」戦法のやり方

「攻撃は最大の防御」という有名な言葉があります。相手に仕掛け続けて、防戦一方にさせれば、こちらの防御策はいらない・・・という意味合いです。

その言葉に乗り、ここでは攻撃の型のひとつ「早石田」を紹介します。

昔は、「早石田を仕掛けられたら、もうアウト」くらい恐れられたみたいですが、現在では研究が進み、かつての勢いは無くなった模様です。

しかし、初手から速攻で敵陣に切り込み相手を撹乱する戦法は、スピーディで威力があります。知っておいて損は無いと思います。

著者の棋力

  • 将棋歴:約5年。趣味の範囲です。

早石田の棋譜(一例)

(1)初手~3手

初手からの一例です。まずは、「▲7六歩→△3四歩→▲7五歩→△8四歩→▲7八飛→△8五歩」とします。

(2)4手~8手

次に、「▲4八王→△8六歩→▲同 歩→△同 飛→▲7四歩→△同 歩→▲2二角成→△同銀→▲9五角」とします。

最後の「▲9五角」が王手飛車取りの手となります。この様に、たった8手で、かなりの撹乱をする事も可能です。

早石田への対策

先手7五歩の時点で「早石田」を疑う

さて、早石田の初手近辺について、もう一度見てみましょう。初手から、▲7六歩→△3四歩→▲7五歩という具合に進んだところです。

先手が7五歩とした時点で、経験のある方は「ん?石田か?」と気付く可能性があります。そうなった場合は、早めの対策が必要です。いったん早石田のペースになると、かなり厄介だからです。

具体的な動き

この場合、後手の4手目は

  • 玉を5二へ逃がす。
  • 銀を7二へ出す。
  • 金を6二に動かす。

等の手を打ちましょう。要は、切り込み隊が入ってきても防ぎ易いように、前もってストッパーをかけておくのです。

そうなると強引に早石田を続けられても、理想的な状態にはなりにくいです。持久戦になる確率が上がりますので、自陣形を整える方向も検討した方がよいと思われます。

おわりに

実戦では、常に状況が変化します。練習通りになる場合は少ないのかも知れません。ただ、練習や経験を積み重ねた人とそうでない人を比べると、戦法の引き出し数が大きく違います。経験の多い人は、様々な状況に対処できます。

自分もまだまだ修行中ですが、修行そのものを楽しんでいこうと思います。いつかは「引き出しの多い人」になりたいものです。

(image by フォトマテリアル)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。