\ フォローしてね /

定年後に気をつけたい3つの落とし穴

このライフレシピのもくじたたむ

さあ定年だ。お金は何とかなりそうだし、時間は充分ある。充実した楽しい生活が待っているぞー。

そんな想いで定年を迎える方も多いと思いますが、定年後の生活には幾つか「落とし穴」があります。

今回は「定年後に気をつけたい3つの落とし穴」と題して、定年後に注意したいポイントをお話ししたいと思います。

本記事は、定年生活.comのご協力により、2013年に執筆されたものです。

定年後の3つの落とし穴

1:田舎で暮らしたい

きれいな空気、澄んだ青空、人々は親切で穏やか、そんな環境で庭いじりや菜園を楽しみ、晴耕雨読や趣味の生活を送りたい。そんなシニアも居らっしゃるのではないでしょうか。

しかし、よく考えてください。田舎の生活は、こんなこともあります。

  • 車がないと不便
  • 家の掃除や維持が大変
  • 行事が多く近所付き合いが濃い
  • 夏は虫との闘い
  • イノシシなど害獣との闘いも
  • 配偶者が亡くなるとガランとした家に一人暮らし

もしも田舎暮らしを考えておられるならば、マイナス面もよく考えてから決めたほうがよろしいと思います。

2:主人在宅ストレス症候群

夫が定年退職したときに発症することが多い「主人在宅ストレス症候群」という病気があります。ご主人は開放感にあふれているのに対し、それまで自由に過ごしていた奥様は「これから毎日、夫が家にいるんだ」と憂鬱になったりします。

そして、昼食を二人分作るとか、テレビが自由に見られないとかが積み重なって、大きなストレスになってしまうという病気です。

「おい、食事はまだか」とか、「おい、お茶」などというふうに奥様に接しているご主人は、特に注意した方がよろしいでしょう。

ご主人は自分で何でもするように生活を改め、それぞれが一人になる時間をつくるように心がけてもよろしいでしょう。

3:詐欺まがいの勧誘

振り込め詐欺だけではなく、世の中にはシニアを狙った詐欺まがいの商売がたくさんあります。

  • 怪しい資産運用の勧誘
  • 実態とは違う海外不動産の勧誘
  • 消防署と偽った消火器の訪問販売
  • 注文していない健康食品を送ってくる等々

もちろん退職したばかりの頃は騙されませんが、高齢になりだんだん世の中との接点が減ってくると、つい騙されてしまいます。世の中にはそんなにうまい話はないのですから、勧誘を受けたら必ず誰かに相談するようにしたいですね。

終わりに

頑張って働いて定年を迎えたのですから、トラブルなく過ごしたいですね。「落とし穴」に気をつけて、素晴らしい定年生活を送ってください。

皆様のご参考にしていただければ幸いです。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。