\ フォローしてね /

雪でも平気!耐寒性の高いジュリアンの育て方

冬は花が少ないので寂しいですが、中には寒さに強く咲く期間も長い花もあります。ここでは、著者が冬に植える、耐寒性の高いジュリアンについて紹介します。

著者のガーデニング経験

20年ほど前に庭付きの一戸建てに引っ越してから、ガーデニングといえる程のセンスはありませんが、草花を植えて楽しんでいます。

去年引っ越してからは、南と西の庭に新しい木や花を植えて、段々と自分の庭らしくしている最中です。

夏にはきゅうりの大きな葉でグリーンカーテンを作ってみました。

現在は、

  • オリーブの木
  • 柚子の木
  • 薔薇
  • 額紫陽花
  • マリーゴールド
  • 日日草
  • ゼラニウム
  • ヤマユリ
  • 百合
  • メドーセージ
  • パンジー

等々の植物を育てています。

ジュリアン

特徴

昔、冬はパンジーだけを植えていたのですが、お店でジュリアンを見かけ、その可愛らしいピンクがすっかり気に入ってしまいました。それ以来、冬はパンジーには無いピンクのジュリアンも植えるようになりました。

ジュリアンもパンジーと同じ時期に咲く、寒さに強い花です。写真のように、雪が積もっても枯れません。

  • 開花期・・・10月終わり頃~5月頃
  • 耐寒性・・・かなり強く、早朝に霜が下りて葉が凍っても花が開きます。
  • 耐暑性・・・暑さには弱いので、5月に入ると花は終わります。
  • 花の色・・・主に濃いピンク、黄色、白があります。
  • 花びらの形・・・ジュリアンには八重や、花びらがバラのような形のばら咲きもあり、一重より華やかな雰囲気を楽しめます。

育て方

育て方等はパンジーとほぼ同じなので、パンジーを育てたことのある方は育てやすいと思います。

ジュリアンは種からではなく苗で植えますが、霜が降りる前に植えます。

土は普通の庭の土でも大丈夫ですが、

「水はけの良い赤玉土(小粒)」:「腐葉土」=7:3

の割りで混ぜた土に植えるのが理想です。

寒さには強いですが、やはり陽当たりは良い方が良いです。出来るだけ陽の当たる場所に植えてあげます。

魅力

パンジーには無い、ハッキリしたピンクの花があるので、冬の庭に植えるととても可愛いです。冬の庭でも、とても明るくなります。

おわりに

陽当たりさえ良ければ、寒さに強く、暑くなる5月頃まで咲き続けてくれます。

このように耐寒性の高い花を植えて、冬の庭も楽しみたいですね。是非冬にはジュリアンも植えてみて下さい。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。