\ フォローしてね /

シンプルなタオルに雪の結晶の刺繍をする方法

刺繍は著者の母の趣味で小さい頃に習いました。以来時々ワンポイントの刺繍で楽しんでいます。

ここでは白のシンプルなタオルに簡単なダブルクロスステッチで雪の結晶の刺繍をする方法を紹介します。クリスマスの時期に洗面所に飾ったりします。

使用する道具・材料

  • 刺繍糸(ここでは6本取りで刺繍します)
  • 刺繍針
  • はさみ
  • シンプルな白のタオル
  • 定規
  • 鉛筆またはチャコペン
雪の結晶は1cm角になるように刺繍します。

やり方

STEP1:等間隔にマークをつける

刺繍をしたい部分に定規でマークをつけます。ここでは4.5cm間隔に雪の結晶の模様が入るように鉛筆で薄くマークをつけています。

STEP2:クロスステッチを刺す

針を刺す順番のイラストです。1番から針を出して2番へ入れ、3番から出して4番へ刺します。

STEP3:対角線に刺す

針に糸を通して一端を玉止めし、針をタオルの裏から上に出し対角線に針を刺します。

STEP4:平行に刺す

次に平行に針を刺します。

STEP5:平行に糸を引く

糸を優しく引くとタオルが引きつれず、ふんわりした刺繍になります。

STEP6:対角線に刺す

対角線に針を刺します。糸を優しく引くとクロスステッチが出来上がりです。

STEP7:対角線に糸を引く

これでクロスステッチができました。

STEP8:ダブルクロスステッチを刺す

クロスステッチを重ねるとダブルクロスステッチになります。

STEP9:5番の位置に針を刺す

STEP8の図に書かれた5番の位置に裏から針を刺します。

STEP10:6番まで平行に糸を通す

5番の位置に出した針を、6番の位置に平行に刺し糸を通します。

STEP11:垂直方向に刺す

STEP2~7で行ったクロスステッチのやり方と同様に、1番と4番の間に針を出し、2番と3番の間に針を刺し糸をそっと引くとダブルクロスステッチの出来上がりです。これが一つの雪の結晶になります。

STEP12:完成

同様に、ダブルクロスステッチで他の場所にも刺繍するとこうなります。

実践する際のポイント

糸を引く時に強く引き過ぎると糸がつれてしまうので力を加減しましょう。

おわりに

いかがでしたか。ここではシンプルなタオルに雪の結晶の刺繍をする方法を紹介しました。とても簡単なステッチなので初心者でも簡単に可愛くできます。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。