\ フォローしてね /

無理強いはNG!賢いトイプードルの「おすわり」の教え方

犬を飼うことにした経緯

どうしても犬が飼いたいと、幼稚園のころからお小遣いをずっと貯めていた著者の娘。小学校も高学年になり、ようやく飼えるだけのお金がたまり、著者宅に来たのが彼でした。

トイプードルを選んだ理由

著者には娘が2人いるのですが、1人が動物アレルギー持ちです。検査をしてもらったところ、犬の毛にもアレルギー反応がありました。

そんな中でトイプードルは毛が細くて抜けにくく、お店で抱っこさせてもらってもアレルギーがほとんど出なかったので、トイプードル犬を選びました。

実践している犬の指示語トレーニングについて

  • 犬の年齢:3才と5ヶ月
  • 犬の性別:オス
  • 実践している頻度:しつけをした1才の時は、週に3~4回くらいでした。しつけ教室にも通いました。

「おすわり」トレーニングの手順

  • 4足で立っている状態で、指先でつまんだご褒美を見せながら、鼻先に持っていきます。
  • 臭いをかぎに来るので、鼻と手が届くか届かないかの距離を保ちながら、ゆっくりと手を上に持ち上げます。
  • 鼻先が上がると、自然に腰を落とすので、腰を落とす直前に「おすわり」という声をかけてください。
  • できたら、ご褒美を上げて、思いっきり褒めてあげます。

「おすわり」トレーニングのポイント

ポイント1:「おすわり」は何度も言わない

できないからといって、何度も「おすわり。おすわり!もー。おすわりったら!」と連呼してはいけません。

日本語を理解するわけでは無いですから、単語を切って、はっきりと1度だけ言うようにします。

ポイント2:アクションをつける

単語とアクションを合わせると、犬が覚えやすいです。

トレーニングをしていくうちに飼い主が「鼻先に持っていった指先を、上に上げる動作」を犬が覚えます。

慣れてきたら、人差し指を立てて、下から上になぞるように持ち上げながら「おすわり」というようにします。

「おすわり」トレーニングのNG行動

無理強いは駄目です。犬がコマンドに従うのは、基本的に楽しいからやっていることです。「マテ」のように我慢をさせるコマンドでも、その後に楽しいこと(ご褒美のおやつや、ほめ言葉)があるから従います。

最初から嫌がるところを無理強いしてやらせると、よけいにやらなくなるばかりか、他のコマンドやしつけも効かなくなります。

ある程度、指示が効くようになるまでは、お尻を手で押したりしてはいけません。

トレーニング全般に共通する大切なこと

無理にやらせない

「指示を聞くと、良いことがある」ということを覚えてもらうのが最初です。

「良いこと」とは、最初は「ご褒美(おやつ等)」かもしれませんが、そのうちに「褒めてもらうこと」が「良いこと」なります。

できたら思いっきりほめる

きちんとできたら、思いっきり褒めてあげてください。ここで恥ずかしがってはいけません。

特別なご褒美を用意しておく

普段のおやつ以外に、トレーニングのときに使う特別なおやつを用意しておきましょう。鹿や猪など、臭いがきついものが良いと思います。

また、お腹がいっぱいになるといけないので、与えるときはほんの少しずつあげましょう。

おすわりのトレーニングが上手にできない人へのアドバイス

犬も気分が乗らないときはあります。集中できないときは、あきらめましょう。もちろん、時には根気強く教えることも大事です!

トイプードルは、基本的に賢くて、遊び好きな犬種です。遊びたがっているときにトレーニングするのが良いと思います。

できないからといってイライラせずに、一緒に遊ぶつもりで、楽しくやりましょう。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。