\ フォローしてね /

ハンカチへの可愛い刺繍の仕方

100均で買ったハンカチも、ワンポイントで刺繍を入れるとオリジナルの可愛いハンカチに変身します。刺繍は母の趣味で小さい頃に教えてもらい、ワンポイントの刺繍を時々します。

ここでは、シンプルな白いハンカチに音符の刺繍をする方法をご紹介します。

使用する道具・材料

  • 好きな色の刺繍糸(3本どりで刺繍します)
  • えんぴつまたはチャコペン
  • 刺繍針
  • 糸切りばさみ
  • ハンカチ

やり方

STEP1:図案を薄く描く

お好みの図案を鉛筆で薄くハンカチに下書きします。ここでは音楽好きの娘用に音符のマークを入れます。

STEP2:針を輪郭の内側に出す

針を輪郭の内側に出します。

STEP3:糸を優しく引く

輪郭に内側に刺し糸を優しく引きます。この繰り返しです。下糸を刺してから重ねて刺繍することで仕上がりに立体感が出ます。

STEP4:サテンステッチを刺していく

3本どりで糸を針に通して一端を玉止めしてから、音符の丸の部分に下糸を刺します。下書きの丸よりやや小さめに隙間を1mm間隔にしてサテンステッチを刺します。

STEP5:輪郭の上に針を刺す

今度は輪郭の上に針を刺し、糸が綺麗に並ぶように間隔を縮めてサテンステッチを刺します。刺し方は下糸と同じですが隙間をつめて糸が重ならないように刺します。

糸が緩かったり、引き過ぎてきついと凸凹するので注意しましょう。同じ間隔で同じ力で糸を引くようにします。

さらに詳しい刺し方は以下を参考にして下さい。

STEP6:アウトラインステッチを刺す

1番から針を出して3mm右側に(2番)に針を刺して、3番から針を出します。アウトラインステッチは、刺し終わりの位置から3mm下に針を刺し入れ、元の位置から針を出す刺し方です。

STEP7:音符記法の先端から針を出す

針を音符記号の先端から出します。

STEP8:針を刺す

下書きの線にそってアウトラインステッチで刺します。糸は針の左側に置いて親指で押さえ、針を3mmはなれた所に刺します。

STEP9:最初の目の右側に針を出す

最初に針を出した位置(右側)から針を出しそっと糸を引きます。これが最初の刺繍になります。

STEP10:2つ目以降の刺繍のやり方

3番から出した針は4番の位置に刺します。

STEP11:針を刺す

糸は左側に親指で押さえ、針を刺します。2番から3mmはなれた所(4番)に刺します。

STEP12:針を出す

針を2番の位置から出して糸を優しく引きます。後は同じ事の繰り返しです。

曲線部分は2mmくらいに細かくすると綺麗なカーブになります。

STEP13:完成

これで完成です。

実践する際のポイント

サテンステッチはシンプルですが、綺麗に仕上げるのが意外に難しい方法です。針を刺す間隔、糸の引き方で見た目がずいぶん変わります。3本の糸をきちんと揃えてひと針ずつゆっくりと刺しましょう。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。