\ フォローしてね /

葉付きのかぶで材料節約!餃子風かぶの挟み焼きの作り方

葉付きのかぶと豚肉で作れる、餃子風の挟み焼きの作り方をご紹介します。

少ない材料且つ、かぶの葉まで使い切る、節約レシピです。

材料(15個程度)

  • かぶ(実の部分)・・・約150グラム
  • 片栗粉・・・大さじ2

タネの材料

  • かぶ(葉と茎)・・・約100グラム
  • 豚肉・・・100グラム
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • 醤油・・・小さじ1
  • 生姜(チューブ)・・・小さじ1/2
  • 片栗粉・・・大さじ1/2
豚ミンチがあれば、豚ミンチを使ってください。

作り方(調理時間:25分)

STEP1:かぶの葉を切る

かぶの葉は、きれいに洗ってみじん切りにします。

STEP2:かぶの実を切る

かぶの実の部分は、皮をむいて1~2mm幅の半月切りにします。

STEP3:豚肉を切る

ミンチではない豚肉を使用する場合は、細かく切ってミンチ状にします。

STEP4:タネの材料を混ぜる

ボウルにタネの材料を全て入れて、粘り気がでるまでしっかりこねます。

STEP5:かぶの片面に片栗粉をつける

薄く半月切りにしたかぶの片面全体に片栗粉を薄くつけます。

STEP6:薄切りのかぶでタネを挟む

片栗粉をつけた面が内側にくるようにして、タネを挟みます。

タネは5mmくらいの厚さになるように広げて挟みます。

STEP7:蒸し焼きにする

温めて油を薄くひいたフライパンに並べ、ふたをして弱火で5分程蒸し焼きにします。中の豚肉に火が通ったらOKです。

STEP8:焼き色を付ける

中の豚肉に火が通ったらふたを外して、弱火~中火で3~4分焼きます。時々裏返しながら、両面に焼き色をつけます。

完成!

お皿に盛り付けて完成です。餃子と同じようにポン酢などにつけて食べてください。

作り方のコツ

薄切りにしたかぶの片面に片栗粉をつけるのがポイントです。片栗粉をつけていないと、薄切りのかぶとタネがうまくくっつかずに、外れてしまいます。

さいごに

餃子感覚で食べられる、おかずやおつまみにぴったりの1品です。

栄養のある葉や茎まで無駄にせず、おいしく食べられるのでおすすめです。ぜひお試しください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。