\ フォローしてね /

重曹と中性洗剤で!タバコのヤニで汚れたカーテンを洗濯する方法

タバコを吸うことがある部屋のカーテンは、ヤニでドロドロに汚れていて驚くことがあります。ここでは、そんなカーテンの汚れをきれいに洗濯する方法を紹介します。

洗濯の頻度・タイミング

毎日大量のタバコを吸われる部屋の場合は、1~2ヶ月に1度の頻度で洗濯することをおすすめします。その他、臭いや汚れが気になったタイミングで洗濯してください。

用意するもの

  • 重曹:大さじ5
  • 中性洗剤 :3滴程

洗濯の方法

重曹には、汚れを吸着して落としてくれる性質があります。さらに、中性洗剤でヤニのねちゃつきや油汚れを落とします。

STEP1:カーテンを外す

カーテンを外し、留め具などを外しておきます。

STEP2:洗濯液を作る

洗面台やたらいに、40度程度のぬるま湯を約5~6リットルはります。そこに中性洗剤3滴程度と重曹を大さじ5杯程度入れてよく混ぜておきます。

水量はカーテンの大きさなどによって調整してください。カーテンが浸かるだけの量があれば大丈夫です。

STEP3:浸け置く

洗面台の中にカーテンを浸け、10分程度浸け置きます。

STEP4:カーテンを押し洗いする

カーテンを押し洗いして、汚れを出します。ここで一度、軽く流水ですすいでおくと、洗濯槽が汚れずよいと思います。

STEP5:洗濯する

通常通り、洗濯機で洗濯します。

STEP6:乾かす

カーテンレールに取り付けて、そのまま乾かします。数時間で乾きます。

注意点

洗面台や洗濯槽に重曹が溶け残り付いている場合がありますが、ぬるま湯ですすぐとすぐに溶けて落ちるので、問題はありません。

洗濯前はカーテンの洗濯表示を確認し、水洗い等が可能なものかどうか確かめてから洗濯してください。

おわりに

カーテンがきれいだと、部屋が明るくなり気持よく過ごせます。是非、皆さんもお試しください。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。