\ フォローしてね /

水彩画で楽しむ!簡単な干支の戌の描き方

水彩画は、絵具の風合いが柔らかく、あたたかみのある絵が描けます。ここでは、干支の戌を簡単に描く方法を紹介したいと思います。

用意するもの

  • 絵具(黄土色、茶色、紺色の3色、頬を塗る場合は、赤、白の2色も使用)
  • 筆(太筆、細筆の2本を使用)
  • パレット
  • 画用紙
  • 水入れ
  • 鉛筆
  • 消しゴム

戌の描き方

STEP1:輪郭を描く

黄土色に少量の茶色を混ぜ、多めの水で溶いた絵具を太筆につけ、頭と体の輪郭を描きます。頭は、まんまるよりも、そら豆のような楕円にするとうまく描けます。

STEP2:耳と鼻を描く

先ほどの色に、茶色を足して、細筆にとり、耳と鼻を描きます。しずくのような形で両耳を描きます。べたっと塗るよりも、水のにじみを楽しむようなイメージで描きます。

STEP3:ヒゲを描く

STEP2と同じ絵具で、ヒゲを描きます。ススッと勢い良く描く方がうまく描けます。

STEP4:目を描く

青色を細筆にとり、目を描きます。点をのせる感じで描きます。

STEP5:頬を塗って完成

お好みで、薄い桃色を頬の部分に塗ります。乾かしたら完成です。

上手に仕上げるコツ

下書きをする場合は、鉛筆の後が彩色後に残らないよう、薄く描いて下さい。筆者は、フリーハンドで描く方が味があって可愛く仕上がると思います。

色は、水を多めに使って、絵具を混ぜきらずに使うと、きれいなにじみを楽しめます。

おわりに

簡単で楽しいので、皆さんも是非試してみて下さい。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。