1. 暮らし
    2. 素材を確認して!ドレスを自宅で洗濯する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    素材を確認して!ドレスを自宅で洗濯する方法

    たまにしか着ないドレスの洗濯はどうしているでしょうか。ドレスは、1度着ただけで汚れていないように見えるものでも、しまう前には洗いたいですね。そこで今回は、自宅で洗えるドレスの見分け方と洗い方についてご紹介します。

    自宅で洗えるドレスの見分け方

    洗濯マークを確認する

    洗濯マークを確認して、洗濯機のマークや手洗いのマークがあればOKです。

    素材を確認する

    洗濯マークを確認して手洗いマークにバツ印がついている物でも、素材がポリエステルであれば洗濯機のドライコースで洗うことができます。また、他にも毛やアクリル、ナイロン、綿なども洗える素材のものはあります。

    ただし、ボタンが特殊な物やシワ加工してあるもの、薄いデリケートな生地などは洗濯できません。絹、レーヨン、キュプラなどの素材も洗え無いので注意してください。

    また、洗剤のパッケージに記載されている注意書きにも洗うことが出来る素材が記載してあるので参照してください。

    洗うのに必要な道具

    • オシャレ着用洗剤
    • 洗濯ネット
    • ハンガー(ドレスハンガーなど)

    洗う前に

    色落ちのチェック

    必ず洗う前に色落ちのチェックをしてください。目立たない部分に洗剤をつけてみて、白い布に色がつかなければOKです。

    洗う手順

    STEP1:洗濯ものを裏返して畳む

    生地の摩擦を防ぐ為に、洗濯ものを裏返しにして畳みます。洗濯ネットの大きさに合わせて畳むと無理なシワがよったりしません。

    STEP2:洗濯ネットに入れる

    畳んだものを洗濯ネットに入れます。

    STEP3:洗濯機に入れる

    擦れないように、寝かせるようにして洗濯機に入れましょう。

    STEP4:ドライコースで洗濯する

    オシャレ着用洗剤を投入し、ドライコース(弱流コース)で洗います。

    洗剤量はパッケージに記載されている分量に従ってください。

    STEP5:ハンガーに吊るして陰干しする

    裏返しのままハンガーに吊るして、風通しの良い場所に干します。以上で洗濯は終了です。

    ドレスを洗う時の注意点

    洗うことが出来ると素材のものでも、洗濯マークがついていないものは洗うと失敗する可能性があります。大切な服はクリーニングに出すようにしましょう。特に、毛足が長いものやビロード調のものはきれいに仕上がらない可能性が高いです。クリーニングに出すことをお薦めします。

    ドライコースは脱水時間が短いので、ロングドレスや重みのあるドレスは吊り干しすると型崩れする可能性があります。ネットなどを使って平干ししてください。

    さいごに

    いかがでしたでしょうか?ドレスには家で洗える素材も多いので、予め素材を確認してから洗ってみてください。

    ですがやはり、自分で判断がつかないものはクリーニングに出すほうが賢明でしょう。本記事がドレスの洗濯の参考になれば嬉しいです。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人