\ フォローしてね /

葬儀に参列する際の小さな子どもの服装マナー3点

ここでは、小さな子どもが葬儀に参列する際の服装のマナーについて紹介したいと思います。

筆者は、子どもが1歳を過ぎた頃に親族の葬儀に出席しました。その際、白の襟付きブラウスにカーディガン、紺のズボンという服装で参列しました。

小さな子どもは、喪服はもちろん黒い服や制服もなかったので、親に相談して服装を考えました。

葬儀・告別式に参列する子どもの服装マナー

マナー1:色

子どもの場合は、全身黒色というのは難しいと思います。服装の色は、派手な原色系の色を避けて選びましょう。

黒、紺、茶、グレーのボトムに、白のトップスがフォーマルな場にふさわしくよいと思います。淡いパステル系の色みであれば使っても大丈夫だと思います。

マナー2:カジュアルすぎないデザイン

パーカーやジーパンのようなデザインの服装は、カジュアルすぎてふさわしくありません。

襟付きのトップスに、丸首やジャケットタイプの羽織物がよいと思います。
ボトムスはデニムではなく、綿やウールのパンツ、スカートにソックスをはきます。

素材も、フリースやナイロン製のものはどうしてもカジュアルな印象になるので、できれば避けて下さい。

マナー3:柄物は避ける

色やデザインがシンプルでも、ボーダーやキャラクターものが目立つ柄物の服装はふさわしくありません。

無地のものが一番無難です。目立たない小さめのワンポイント柄やチェック柄などは大丈夫だと思います。

親が配慮しているということが伝わるような服装を

小さな子どもの場合、喪服や黒服がないことは周囲もわかっていると思います。そのため、故人とのお別れの場にふさわしいように子どもの服装に親が配慮しているということが伝わるような服装であればよいと思います。

小学生や中高生の場合は、制服を着て筆者は親族の葬儀に参列しました。ですので、そののイメージで上が白シャツに紺のパンツを基本にしました。

注意点

小さい子どもさんの場合、慣れない服を着て、窮屈だったり着心地が悪いと、機嫌が悪くなってしまう場合があるので、普段着慣れた服を着せてあげることをおすすめします。

靴の中に音の鳴るものがありますが控えましょう。おもちゃも含めて当日は音の出る持ち物は避けて下さい。

おわりに

子どもさんの服装ではありませんが、葬儀の際にお母さんの喪服やパールのネックレスを子どもが引っ張ったり、汚す場合があります。お母さんはご自身の服装にも気をつけてください。

小さい子どもさんを連れての参列は大変です。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。