1. 暮らし
    2. 眼鏡(メガネ)もお掃除!眼鏡をキレイに保つコツ

    眼鏡(メガネ)もお掃除!眼鏡をキレイに保つコツ

    毎日眼鏡を愛用している皆さんに質問です。眼鏡の掃除はどれくらいの頻度で行っていますか?実は、毎日、流水で洗ったりメガネクロスで拭いたりこまめに掃除しているつもりでも、日々汚れはたまってしまうんです。

    そこで今回は、「眼鏡の大掃除」の仕方をご紹介したいと思います。

    眼鏡が汚いと…

    「ちょっと曇ってるかな」と思って眼鏡を取ってレンズを見ると、かなり汚れていて驚いたり…。眼鏡がよくずり落ちてくるのを不思議に思って眼鏡を見ると、鼻パッドや耳当ての部分がベタベタして滑りやすくなっていたり…。

    眼鏡をずっと掛けていると、意外と汚れが気づけないものなんですよね。だから汚れていても、「そんなに気にならないし、キレイにしなくていいか!」と思ってしまいがちです。

    しかし視力が弱い人にとって眼鏡は相棒です。最近では眼鏡が安くなって、眼鏡を新調しやすくなったとはいえ、眼鏡は私たちの大事な眼なのです。

    大切なものは、愛情をもってキレイにしていくべきですよね。

    汚れやすい部位と注意

    フレームや眼鏡の使用方法にもよりますが、だいたい上記のような部分が汚れやすいのではないでしょうか?

    レンズ

    レンズは一番汚れやすい部分ですね。指やまつ毛からついた汚れ、ほこり、湯垢はもちろん、ご飯を食べたときに食べ物がついたり、冬になるとボディクリームやハンドクリームがついたりします。

    普段からメガネクロスで拭く前に、流水で軽く洗うと良いでしょう。

    流水で洗わずにメガネクロスだけで拭いてしまうと、眼鏡についた砂埃などで、傷がつきやすいので気をつけましょう。また、ティッシュ・タオルで拭くとレンズに糸くずがついて逆に汚れてしまうことも。

    レンズとフレームの間

    眼鏡フレームの形状にもよりますが、気づかない間に汚れがたまってしまう部分の代表でしょう。

    最近ではレトロやクラシックなフレーム、また茶色や黒色、マットな色のフレームが人気です。これらはレンズとフレームに汚れが溜まりやすかったり、汚れに気づきづらい形状です。

    またフローティング(レンズが浮いてフレームとの間に隙間がある形状)も流行っていますが、こちらはレンズとフレームの隙間に注目されやすいデザインだからこそ、こまめにキレイにする必要があるでしょう。

    しかし、レンズを外して掃除すると、故障の原因になる可能性があります。フレームのネジをゆるめてレンズを一度はずして拭くとキレイにできますが、注意が必要です。例えば、フレームのネジを取る際にネジの頭をつぶしてしまったり、きちんと締めないと緩んでレンズが外れたりしますので気をつけましょう。

    そんな時は、超音波洗浄器を使うのがオススメです!眼鏡屋さんの店頭に置いてあるところが多いので、見かけたら利用してみましょう。レンズとフレームの間の汚れがきちんと落ちますよ。

    それでも落ちない汚れがある場合は、眼鏡屋さんで洗浄してもらいましょう

    鼻パッド

    汚れやすい部分でもあり、汚れたことによる弊害が大きい部分でもあります。

    鼻からでる脂や、お化粧をしているからは化粧品からでた油分などによって、鼻パッドがツルツルしてしまい、眼鏡がずれ落ちやすくなります。また湯気や雨などに触れ、水分が鼻当てを支える金属部につき、さびてしまうこともあります。

    眼鏡の鼻あて辺りが緑色(青緑)に変色していたことってありませんか?これは緑錆といって、一度つくとなかなか落ちません。それを防ぐためには、普段からティッシュやタオル、めん棒などでこまめに拭くことが大切です。

    また洗剤をつけた歯ブラシで優しくこすってもキレイになります。ただ水分は天敵なので、頻繁に磨かないようにしましょう。

    お店にもよりますが、無料だったり500円程度だったりで交換してくれます。シリコンゴムの鼻パッドの場合は、1年ごとで交換すると快適に眼鏡が使えるでしょう。

    耳当て

    眼鏡の中で掃除が疎かになりやすいのが、耳当て部分です。メガネクロスでレンズ周りばかり拭いて、耳当ての掃除を疎かにしていませんか?

    耳の裏は汚れが溜まりやすい場所や、髪の毛に触れる部分なので、実はけっこう汚れています。普段からメガネクロスでこまめに拭きましょう。こまめに拭いていると、そこまで汚れは気にならなくなります。

    フレームの形状によっては汚れが溜まってしまうので、めん棒などで拭きとってあげましょう。

    日々のお手入れに用意しておきたいもの

    クリーニングクロス

    どこを手入れしようにもクロスがなければ、始まりませんね。レンズはとても繊細なため、普通のタオルだと毛クズが付着してしまったり表面を傷つけてしまったりするので、よくないのです。

    しかし、こういったクロスは家のどこかにあるだろうと考えているとなかなか見つからないものです。この機会に1つ購入しておいても損はしませんよ!

    超音波洗浄機

    手作業で落とせない汚れはメガネ屋さんに持っていくのがベストですが、実はメガネ屋さんにある超音波洗浄機が購入できるのを知ったいましたか?

    メガネ屋さんに洗浄をお願いするよりお値段は張りますが、近くにメガネ屋さんがない場合や難度も行く方は買ってしまったほうが安上がりだった、なんてこともあるはずですよ!

    しっかり掃除をすることでキレイに長持ち!

    眼鏡は大切な友達です。日ごろからメンテナンスをして、大事に長く使いましょう。

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人