\ フォローしてね /

ウェディングケーキに思いを込めて!結婚祝いのラッピング方法

大切な方への結婚祝いは祝福の気持ちを目一杯込めたものにしたいですよね。ここではウェディングケーキをモチーフにした結婚祝いのラッピング方法を紹介します。

用意するもの

  • 包装済みの箱・・・今回は横10cm×縦9cm×高さ7cmを使用しました
  • フェルト・・・白、ピンク(今回は18cm×18cmを使用)
  • レースリボン・・・白、8mm幅×90cm(百円ショップで購入)
  • 木工用ボンド
  • はさみ
  • 定規
  • チャコペンシル(もしくは蛍光ペン)

ラッピングの方法

STEP1:ケーキの下描きをする

白のフェルトに蛍光ペンでケーキの下描きをします。ウェディングケーキの天辺の長さは20mm、底辺は40mm、高さは45mmです。なお、各段の高さは15mmです。

以下、長さはmmで参考寸法を表示しています。

STEP2:下描きしたケーキを切る

下描きしたケーキをはさみで切ります。

STEP3:ハートの下描きをする

フェルト(ピンク)に蛍光ペンでハートの下描きをします。ハートの大きさは、縦12mm、横14mmです。

ハートは4個必要です。

STEP4:下描きしたハートを切る

下描きしたハートをはさみで切ります。

STEP5:ケーキを箱に貼る

ケーキを箱に木工用ボンドで貼ります。

ケーキは箱に掛けるレースリボンにかからないような位置に貼るようにしましょう。
ケーキは少し右に傾けて貼ると動きも出るし、後で貼るハート同士が寄り添っているイメージが出て可愛いです。

STEP6:レースリボンをケーキに貼る

ケーキの幅に合わせてカットしたリボンテープを木工用ボンドで貼ります。

STEP7:ハートを貼る

ハートをケーキの上と横に木工用ボンドで貼ります。

STEP8:レースリボンを掛ける

箱の左手前にレースリボンを斜めにかけ下におろします。

STEP9:リボンを裏にかける

箱下のコーナーにりぼんをひっかけた後、再び上にもってきます。

STEP10:蝶結びをして完成

最後に蝶々結びをすれば出来上がりです。

キレイに仕上げるポイント

最初にレースリボンを箱に掛けてからケーキやハートの位置決めをすると全体のバランスが良くなります。

フェルトに蛍光ペンで下描きをする際、濃く描きすぎると表に色がにじむ場合があるので気を付けましょう。

今回は3段のウェディングケーキに仕上げていますが、2段のケーキにすれば誕生日プレゼントにも使えます。

白とピンクの幸せカラーのラッピングは頂いた瞬間に気持ちが伝わることと思います。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。