\ フォローしてね /

家庭での合皮製品の洗濯方法

ご家庭にある、革や合皮の服の洗濯をどのように行えばよいのかお悩みの方も多いでしょう。痛みやすいレザー製品というのは、そのまま洗濯機に入れて丸洗い…というわけにもいきません。

ここでは、ご家庭で簡単にできる、レザーや合皮製品の洗濯方法を紹介していきます。

家で洗えるか見分けるポイント

まずは洗濯表記を確認しましょう。筆者が持っているショートパンツは合皮のものですが、このようにドライクリーニングしかできない表記になっています。

レザーや合皮のものというのは、基本的には水洗いができないため、水洗いの表記に赤いバツがあるかどうかで見分けましょう。

洗濯に用意する道具

  • ご家庭にある中性洗剤
  • 柔らか目の布(ガーゼなど)
  • 使用済みの歯ブラシ

洗い方

STEP1:形を整える

レザーや合皮製品というのは、非常にデリケートで形を崩しやすいです。そのため、まずは手で形を整えてあげるといいでしょう。

この際に、強く引っ張ったりすることのないように注意が必要です。

STEP2:布で簡単に汚れを払う

まずは、布で乾拭きをして、目立つ汚れを落としましょう。レザーや合皮を痛ませないようにするためには、出来るだけ水に触れる箇所というのは少なくした方がいいです。

そのため、乾拭きだけで済ませられる部分は下手に水洗いする必要はありません。

乾拭きをするときには、布をこすりつけたりしてはいけません。優しく、丁寧に、を心がけましょう。

STEP3:洗剤を付けた布でふく

乾拭きだけで落ちない汚れの場合には、洗剤も活用しましょう。洗剤を水で薄め、布につけます。その布で、そっとレザーや合皮製品の汚れを落としていきましょう。

洗剤と水をつけた布は、固く絞りましょう。

STEP4:歯ブラシの活用

布では落としにくい、細かな汚れがある際には、歯ブラシを活用してみるといいです。STEP3と同じ要領で、洗剤を薄めたものに歯ブラシをつけ、軽く汚れ部分をたたいてみましょう。裏面も同様に洗います。

製品によっては、歯ブラシだと傷がついてしまうこともあります。まず、裏など目立たない部分で確認してから使ってください。

STEP5:陰干しをする

洗濯が終わったら、日差しのなるべく当たらない、風通しのよい場所に干しておきましょう。筆者は洗濯ばさみのあとがつくのがいやなので、洗濯ばさみは使いません。物干しざおに服をかけておくだけでOKです。

あとのつきにくい洗濯ばさみも売られているので、そちらを使うのもいいと思います。

注意点

レザーや合皮製品はこすりつけるように洗ってしまうと、摩擦により消耗を起こすことがあります。洗う際には、なるべく軽めに洗うようにしましょう。

さいごに

レザーや合皮製品を洗濯する場合には気を遣いますが、ご家庭にあるもので簡単にできます。ポイントは、傷ませないように優しく洗濯をすることです。どうぞ、実践してみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。