\ フォローしてね /

口の動かし方で変わる!英語の発音上達法

今は仕事でも英語を使う会社が増えて、仕事帰りに英会話に通って習っている方も多いですよね。

また学生の方でも留学を夢見て勉強している方も多いと思います。しかし一度日本語を聞いて育ってしまうとなかなかネイティブの発音に近づくのは難しいですよね。そこで今回はなるべくネイティブの人にも聞き取ってもらいやすい発音のコツをご紹介します。

口の動かし方について

発音を良くしようと思っている方の中には、長い文章を沢山読んだり、発音記号を必死に勉強している方もいるかと思います。

しかし、英文を沢山読んだからと言って発音が良くなる訳ではありません。まず英語と日本語では顔の動かす場所が異なるのです。

日本語は殆んどの言葉を口先の形を変えることで発音仕分ける事が出来ます。大きな声で話す時は別ですが、目の前いる人と話すだけなら唇や口の開け閉めで表現出来ますよね。

それと違い、英語は口先だけではなくもっと沢山の場所を動かします。舌や下の上とのスペースは重要ですし、口の開け閉めだけではなく唇を噛んだりすぼめたりします。また空気を吐き出す時も強くフッと吐き出したり口の置くから使っていく感じです。

なので、まずは日本語と英語では口の動かし方が全く異なるという事を頭に入れておくことが大事です。

そして、英文を読む前に、最近では無料の動画サイトなどで口の動かし方を教えてくれているサイトがあるので参考にしながら口の動かし方に慣れてください。始めは簡単な単語からゆっくり大きく発音していきましょう。

(image by amanaimages)

慣れてきたら好きな文章を読んでみましょう。最初は驚くくらい口の周りの筋肉が疲れますよ。

似たような音をしっかりと使い分ける

英語には似たような音を発音する単語がよく出てきます。特に難しいのがRとLの違いですよね。また気づかない所で間違いやすいのはBとVの使い分けや同じthでもスッと発音する時とズッと発音する時がある事です。

RとLは舌の動きも大切ですし発する音もゆっくり聞くと違うんです。

Rはイメージとしてラリルレロで表現するのではなく、ルア・ルイ・ルウ・ルエ・ルオと音がルから日本語で言う母音に変化して行くように発音します。

そして、Lはルではなくオーと伸ばすように発音するんです。例えばcallだったらコールではなくコー(ル)という感じで最後に小さくルをつけるくらいでいいのです。殆んどコーと発音して舌を上につければ大丈夫です。

(image by amanaimages)

thは空気の出し方が違います。スッと発音する時は上の前歯で下を軽く噛み、口の奥のほうから空気を外に出すとスッという音になります。

そして、ズッと発音する時は口は同じ形ですが、空気の出し方を濁らして下さい。調度舌の所で詰まるように空気を送るとズッという音になります。

始めは難しいかも知れませんが、RとLを含んだ単語を交互に何回も言って違いを分るようにしたり、

thをスッズッスッズと交互に発音するとだんだん頭が覚えてきます。

おわりに

いかかでしょうか、今回紹介したものは勉強方の一部ですがマスターすればかなり聞いた感じか変わると思います。

口を大きく沢山動かすことは慣れませんが、恥ずかしがらずしっかりと練習すれば変化を感じられると思います。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。