\ フォローしてね /

写真家・青山裕企に学ぶ!フェチ写真を上手に撮るポイント【うなじ編】

フェチポイントの代表格ともいえる「うなじ」。手指フェチに女性が多い一方、うなじには男性ファンが多いような印象もあります。

この記事では、『スクールガール・コンプレックス』などのフェチ写真集の著者で写真家の青山裕企さんに、うなじのフェチ写真を上手に撮るポイントを教えてもらいました!

本記事は、2013年11月の取材情報をもとに執筆されたものです。

フェチ写真を上手に撮るポイント【うなじ編】

髪の毛をまとめる仕草をしてもらおう!

「うなじ」を写すために、まずはモデルさんに髪の毛をまとめる仕草をしてもらいましょう。

「ベリーショートでない限り、うなじは常時髪の毛に隠れている部位です。そのため、ちらっと見えるだけでもドキッとします。『うなじを見せてください』ではなく、あえて『髪をまとめてもらえますか』と指示を出すことで、ドキッとするシチュエーションとともにうなじを撮ってみましょう」(青山)

無防備で不完全なところを狙おう!

「うなじは一番無防備な部位」と青山さん。だからこそ、不完全なポイントを狙うのがおすすめだそうです。

「うなじは他の部位に比べてケアが行き届いていないところだからこそ、ぐっときます。また、どこを見ているかを悟られにくいうなじは、凝視できるチャンスでもあります。“隠れた部分を暴く”気分でフェチを感じるポイントを探してみてください」(青山)

構図などを意識せず、気になったポイントを追ってみよう!

脚や手指、唇に比べて、うなじはこれといったフェチ写真の構図が思いつきにくい部位でもあります。どの写真を撮るときでも「構図」を意識してしまうものですが、うなじフェチ写真に関しては意識せずに撮り続けるのが大切だそう。

「うなじは構図など型にはめようとせず、魅力を感じたままに撮ってみましょう。今まで気づかなかった・見たことがなかった一面を撮れれば成功です」(青山)

写真を撮る=視線の冒険

人にそれぞれ個性があるように、フェチ写真もモデルさんや撮影者によって違いがあります。お決まりの構図やポーズなど、型にはめようとしてもうまくいきません。しかし、それらすべてがフェチ写真の魅力です!

「写真を撮る=視線の冒険です。なので、冒険しようとしてください。特にフェチは、人によって好みが細分化されています。撮れば撮るほど細かい差が気になり、どんどんフェチになっていくんです。思いどおりのものが撮れなくても、そこに新たな発見が生まれることもあります。フェチ写真に終わりはないし、飽きもありません!」(青山)

おわりに

「うなじフェチ写真にお決まりの構図なんてない!」

ご紹介したポイントを参考に、自分の好きな「フェチポイント」を探す冒険に出てみるのもいいかもしれません。

もちろん、モデルさんが許してくれる範囲内で、ですよ?

(image by 青山裕企)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。