\ フォローしてね /

鶏の水炊きを使って!極上トマトパスタの作り方

鶏の水炊き鍋の後に、手羽元が数本とスープが残りました。

残ったスープは、イタリア料理でいうところの「ブロード」です。鶏と野菜の旨味をたっぷり抱えています。スープは手羽元の皮から出たコラーゲンで、残った汁はプルプルです。

この鍋のスープを使って、トマトパスタに仕上げました。

材料(1人分)

  • 手羽元:2本(鍋の残り)
  • スープ:おたま1杯(鍋の残り)
  • トマト缶:100g
  • にんにく:1片
  • 輪切り唐辛子:適宜
  • オリーブオイル:大さじ2
  • パスタ:100g
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1

鍋について

今回は、水炊き風の鶏肉だんごの鍋の残りを使いました。

手羽元を水から1時間ほど煮てスープを取った後に、生姜・卵とよく練り合わせた鶏肉を入れた鍋です。野菜は白菜と長ねぎを入れました。

鍋には塩や出汁で味をつけずに、ポン酢で頂きました。

スープには、手羽元や野菜の旨味がたっぷり出ていますが、塩味がほとんどついていません。

作り方(調理時間:10分)

STEP1:手羽元をほぐす

鍋から手羽元を取り出し、身をほぐしておきます。

STEP2:にんにくと唐辛子に火を通す

冷たいフライパンにみじん切りしたにんにくと輪切り唐辛子、オリーブオイルを入れ、弱めの中火でキツネ色になるまで火を通します。

STEP3:トマト缶を入れて煮込む

トマト缶を入れて、中火で1分ほど煮込みます

STEP4:パスタを茹でる

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間よりも少し短めにします。1.6mm のパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP5:スープを入れる

STEP3に鍋の残りのスープを入れて弱めの中火で3~4分ほど煮込み、半分くらいになるまで煮詰めます。

STEP6:鶏肉を入れる

ほぐしておいた手羽元を入れ、暖まるまでそのまま20~30秒ほど火を通します。味を見て、物足りないようだったら、塩・胡椒で調整します。

STEP7:パスタを入れる

フライパンは火にかけたまま、茹であがったパスタをフライパンに移します。

STEP8:ソースとパスタを和える

菜箸かトングで、ぐるぐる混ぜながら、弱火でソースの水分を飛ばすようにして和えます。

STEP9:完成

お皿によそって、胡椒を軽く振って出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

鍋の塩加減

鍋の残りをリメイクする場合には、出汁を使って煮込むような鍋ではなく、水炊きのように塩味を加えないものの方が使いやすいです。鍋のスープを煮詰めて使うので、出汁を使った鍋の場合には、スープの量を減らして使ってください。

今回、筆者が使った鍋のスープは、それ自体に塩味がほとんどついていません。

鍋の翌日に

鍋は直接、箸でつついて食べることも多いと思いますので、残ったスープは日持ちしません。翌日までに使うようにしてください。

おわりに

鍋の〆の前に、スープをおたまで数杯取っておくだけで、翌日には極上のパスタが味わえます。今回は鶏の水炊きを使いましたが、魚貝の水炊きの残りを使うと、ペスカトーレの味わいを楽しめます。

作り方も簡単なので、是非、試してみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。