\ フォローしてね /

マイルドな味わい!昆布茶を使ってプロっぽくできる「ゆず大根」の作り方

nanapi

材料を用意すれば、あとは密封袋に入れて揉みこんで漬けるだけ。それなのにプロっぽい「ゆず大根」ができます。プロっぽい味の秘密は昆布茶。

ここでは、昆布茶を使ったマイルドな味わいのレシピ「ゆず大根」の作り方を紹介します。

材料(3~4人分)

  • 大根:1/2本
  • ゆず:1個
  • 昆布茶:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1
  • 酢(穀物酢を使用):大さじ2
  • 塩:小さじ1
ゆずは皮も使用できるものを選ぶ
ゆずは、皮も使用できるものを選ぶのがポイントです。外国産のものは殺虫剤や防カビ剤がかかっている可能性があるので避けるのが無難です。
昆布茶でまろやかな味わいに
酢と砂糖だけだと酢の味が強く感じられることもありますが、昆布茶を使うことでまろやかな味わいになります。

作り方(調理時間:30分)

STEP1:材料を切る

大根は、皮を剥いて5cmくらいの長さに切ります。1cm角くらいの拍子切りにしておきましょう。

STEP2:塩揉みする

ざるとボウルを2枚重ねにし、中に切った大根を入れ、上から塩をかけて全体になじませます。そのまま15分置いておきましょう。

大根から水が出てきてボウルに溜まるので、その水は捨てます。

STEP3:ゆずの準備

ゆずは包丁で切り、果汁を絞っておきます。

皮は白い部分をスプーンなどで丁寧に取り除いておきましょう。

白い部分は丁寧にとる
白い部分が苦さになるので、丁寧に処理することで苦味がなくなります。

ごくごく細い千切りにしておきます。

STEP4:漬けこむ

密封袋に昆布茶と砂糖、酢を入れておき、その上から塩揉みした大根と千切りにしたゆずを入れます。

上から全体になじむように軽く揉みこみます。

密封袋なら調味料が少量で済む
密封袋を使うことで、少量の調味料で済みます。全体に揉みこむのもポイント。

STEP5:冷蔵庫で一晩寝かして完成!

あとはバットなど安定する容器に入れて、冷蔵庫で一晩置いたら完成です。

一晩漬け込むとまろやかになる
最初は酢のすっぱさがあるのですが、冷蔵庫で一晩漬け込むとまろやかになります。まろやかになったら食べごろです。

盛り付けでもゆずで彩りを!

ぜひ盛り付け用にもゆずを用意し、彩りで添えてみてください。

見た目もおいしそうなゆず大根ができあがりますよ。

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。