\ フォローしてね /

こまめに行おう!浴衣や着物の風通しのやり方

浴衣や着物を着用した後、そのままほったらかしにしたりしていませんか?浴衣や着物はきちんと風通しをしておかなければダメージを受けてしまいます。

今回は、ご自宅で簡単にできる風通しの方法を紹介したいと思います。筆者は、着物や浴衣を着用したあと、タンスに入れる前に行なっています。

風通しに必要な道具

  • 物干し竿
  • 薄手のタオル

風通しのやり方

STEP1:汚れを落とす

まずは、着用の浴衣に埃などの汚れがある際には、乾いた布やタオルでそっとはらいましょう。この際、あまり強くこすりつけると生地を傷めますので、丁寧に行うようにしてください。

また、着物や浴衣は非常にデリケートですから、水をつけるのは色落ちなどの危険があるため、避けた方が無難です。

泥はねなどの頑固な汚れがある際には、クリーニング店に持っていきましょう。

STEP2:物干し竿に干す

物干し竿に、丁寧に浴衣た着物を干していきましょう。できるだけ、浴衣や着物を広げて、重なる部分が少なくなるようにしてください。

干す場所としては、直射日光にあたりにくく、風の通りがよい場所にしましょう。こまめに、状態を確認し、生地が伸びたりしていないかチェックしましょう。

風通しをするにあたっては、結構場所をとりますので、広く使えるようにスペースを確保しておく必要があります。横を通った際に、浴衣や着物と体がぶつかり、落ちてしまうことなどもあるため、近くを通る際には注意しましょう。

STEP3:折り畳む

半日から1日程度風通しをおこなったら完了です。あとは、もともとの折り目にそって綺麗に折り畳み、保管しておきましょう。

おわりに

着物や浴衣は湿気に弱いため、梅雨の季節などはこまめに風通しを行うと、なおよいでしょう。

きちんと風通しをしてから保管することより、着物や浴衣のもちはグッとよくなります。ぜひ、着用した後は風通しをおこないましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。