\ フォローしてね /

気分は京都!カブの千枚漬けの作り方

京都の名産、千枚漬けは、聖護院かぶらという大きなカブから作られますが、ここではスーパーで手に入る普通のカブを使った千枚漬けの作り方をご紹介します。

材料

  • カブ:1個(10cm大)
  • 昆布:10cm×4cm
  • 輪切り唐辛子:ひとつまみ
  • 酢:大さじ3
  • 砂糖:大さじ2
  • 塩:小さじ2

作り方(調理時間:20分)

※調理時間には、甘酢を冷ます時間、カブを漬けておく時間を含みません。

STEP1:甘酢を作る

小鍋に、酢・砂糖・塩を入れて、極弱火で温めて、砂糖と塩を溶かします。砂糖と塩が溶けたら、火を切って常温になるまで冷ましてください。

絶対に煮立たせないようにしてください。砂糖と塩が溶ければOKなので、目を離さず温めましょう。

STEP2:カブをむく

カブの皮を厚めにむきます。

カブの断面を見ると、表面から 5mmくらいのところに線が入っているのが分かると思います。皮はここまでむきます。

STEP3:カブをスライスする

スライサーを使ってカブを繊維を断つようにスライスします。

STEP4:昆布を切る

昆布を軽く拭いて、キッチンばさみで短冊に切ります。

STEP5:材料を重ねる

まず、カブを敷きます。

上から昆布と唐辛子を少々散らします。

最後に、甘酢を少量ふりかけます。

STEP6:全てのカブを重ねる

STEP5 を繰り返して、全てのカブを重ねます。

STEP7:冷蔵庫で寝かせる

冷蔵庫で一晩から二晩ほど寝かせて出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

繊維を断つようにスライスする

漬ける時間が短いので、繊維を断つようにスライスした方が食感が良いです。

カブの歯ごたえを感じたい方は、厚めにスライスするようにしてください。

昆布はあまり多く入れない

ねばねばが強くなりますので、このレシピの量を目安としてください。

薄味が好みの方へ

ある程度、濃いもので漬けないと、カブから水分が抜けてきません。薄味が好みの方は、甘酢を薄めるのではなく、重ねるときに塗る量を減らすようにしてみてください。

おわりに

普通は、カブを先に軽く塩漬けしてから甘酢に漬ける、という手順で作りますが、今回は簡単に一回で漬けるやり方をご紹介いたしました。

作り方も簡単なので、是非、試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。