\ フォローしてね /

もう手放せない!登山靴を長持ちさせるためのメンテナンス方法

著者が愛用している登山靴は、ローバー社のサレックというゴアテックス対応の革製登山靴です。このソールは張り替えましたが、もう10年以上愛用している一足です。

革靴は手入れが面倒だと思いますので、写真を多めにして、登山靴のメンテナンス方法をご紹介します。

必要なもの

今回使ったのはNIKWAX社の「ウォータープルーフWAX革用」というゴアテックス対応の革用のワックスです。また、余分なWAXの拭き取り用にウエスとなるタオルを1枚用意して下さい。

メンテナンス方法

STEP1:靴の紐をゆるめる

ワックスを塗りますので、靴の紐を十分にゆるめます。

STEP2:ワックスを塗り広げる

ワックスを指先で溶かしながらブーツに塗り伸ばします。指の温度で溶けるワックスですので、作業は室内がおすすめです。

STEP3:つま先は念入りに塗りこむ

特に爪先部分は損傷が激しいので念入りに塗ります。

STEP4:一晩置いて余分なワックスを軽く拭き完了

全体に塗りこんだら、紐をゆるめたままの状態で、一晩室内においてワックスを乾かします。翌日、残ったワックスをタオルで軽く拭き取って完成です。

メンテナンス・お手入れのポイント

ワックスを塗ってから1時間ほどすると、他の部分よりもワックスを吸っていていて、早く乾いている部分があります。

そんな部分があればたっぷりとワックスを追加で塗りましょう。

ワックスの拭き取りですが、固形で固まっているワックスを落とす程度で十分です。

革をゴシゴシこするのは靴を傷めますので、逆効果です。注意してください。

おわりに

革製の登山靴はとても高価で履き慣らすのも大変です。

でも、一度履き慣れて、正しくメンテをしていると筆者のように十年以上も愛用し続けられます。

こうなるともう手放せません。大切にしましょう。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。