\ フォローしてね /

移り変わりが激しい秋の気候と登山のポイント

筆者は低山ハイクから縦走まで、冬山の経験もあり、全国各地の山に登ってきました。そんな登山経験から、穏やかな陽気と真冬を思わせる厳しさが同居する秋ならではの天候の特徴を紹介します。

3つの時期それぞれに特徴がある秋の山

秋の気候は初秋、仲秋、晩秋の3つに分けることができます。ひとくちに秋といっても初秋と晩秋では気候に大きな差があるのです。

台風の動きに注意が必要な初秋・9月の天候

9月は残暑が厳しく、街では夏を思わせる天気が続きますが、一方で山は北から少しずつ秋の気配をみせます。そんな夏と秋の季節の境目として表れるのが秋雨前線です。

秋の冷涼な空気と夏の湿った空気が、ちょうど日本列島でぶつかりあうところに出来るのが秋雨前線で、南下すればカラッとした空気に覆われ、前線が北上すればジメッとして夏の空気が顔をみせます。この現象は季節の移り変わりの現象とも言えるのですが、注意したいのは雨の降り方です。

時間雨量で数十ミリという激しい雨も梅雨時よりも9月の秋雨前線の停滞時に起こりやすくなります。これは海水温と密接に関係し、夏に温められた海水が大量の水蒸気をもたらし、太平洋高気圧の後退と共に時計回りに円を回り、秋雨前線を刺激し、大雨をもたらします。これに台風の接近でさらに秋雨前線が活発になり、豪雨となることもあるのです。

雨の降り方は真夏の空気がまだ残る初秋のほうが危険です。台風が遠方にある場合も、気流の影響を受けるもので、登山の計画では秋雨前線と台風の動きに目が離せません。

筆者の経験から言えば、大気の状態が不安定だったり、前線の活動が活発に!という予報が出ている時は登山計画を見直すようにしています。また、雷注意報が出されているときは空の変化を確認することが大事です。
降雨時の沢は急激に増水します。地図で落石の危険個所もチェック。

移動性高気圧に覆われ晴天が多い仲秋の10月

10月初旬はまだ台風の進路次第で大荒れの天候となることがありますが、徐々に大陸育ちの高気圧が優勢になります。湿度も下がり、空の青さが増すのも10月です。北海道の平野部や東北の山々にまで紅葉前線が下り、穏やかな日々も多いので絶好の登山シーズンにもなります。

昼間は気温も上がり心地よく感じられますが、夜間になると急激に温度が低下してきます。高山では1桁の気温になることもあるほどです。寒暖差が大きくなるのも秋の天気の特徴で、夜間の冷え込みに備えた防寒対策が必要です。

また、陽が急激に落ちてくるのも秋の特徴で、余裕をもった下山や宿泊の計画、またはヘッドライトの持参をおすすめします。

筆者の体験として雑木林が生い茂る登山道は日の入りの時刻以上に暗く感じるもので、道に迷いやすくなります。
陽が急に落ちてくるのでヘッドライトは必須アイテムです。

冬の気配が見えだす晩秋の11月

移動性高気圧に覆われる一方で、低気圧が規則的に日本列島を通過するようになります。三寒四温と呼ばれる現象も11月の気候の特徴です。

小春日和のような陽気に包まれる一方で、大陸の冷たい空気と日本海の海水温の差が大きいため、低気圧が急激に発達するようになります。この低気圧の通過後に北寄りの風が吹く現象を関東や関西では木枯らし1号と呼ばれていますが、いわば冬の訪れを告げるものです。温帯低気圧は広範囲に影響をもたらすのが特長で、山の麓では雨でも、高山になると雪になることがあります。

標高にもよりますが、2000m級以上の高山では冬山装備は必須です。また、寒気の入り方によっては九州・中四国地方の山沿いでも雪になり、アイゼンなどの装備が必要になります。低気圧の発達度合いにもよりますが、寒気に押された低気圧の速度は速く、山では急激に天気が荒れ、強風と強雨に見舞われます。低気圧の影響は通過後も続き、北アルプスや東北の山々では雪へと天気が変わってきます。

天気予報で筆者が聴いているポイントは上空5000mの気温です。寒気の強さをみる目安にしています。

晩秋の高山は「冬山」である

麓は穏やかでも、山の上は真冬の寒さも

雪に見舞われた11月初旬の北アルプス。今までの登山経験から降雪を想定してアイゼンや防寒具を用意していたのですが、大雪に見舞われるのは想定外でした。

朝日岳は北アルプスの北側に位置し、そう難しくない山の1つです。日本海側に近いので風の影響は多少あると思っていたのですが、山頂までの行程で突然の雨が降り出し、その後は雪へと変わっていきました。晩秋のアルプスではよくあることと思っていたのですが、大雪になるとは予想外でした。視界も悪くあり、登山は断念。まだ、下山しやすいルートでしたので、ビバークすることなく、足元に気をつけながら下りたものです。

山の降雪で恐ろしいのはホワイトアウトと呼ばれる現象です。辺り一面が真っ白になり、自分がどこの位置にいるのか分からなくなるのです。また、降雪で体温を奪われることで運動能力も鈍ってきます。遭難は視界の悪さと体力の低下、疲れが重なって起こるもので、雪崩と共に冬山のリスクの1つです。登りやすい山であっても、上空にどれぐらいの強さの寒気に覆われているかで天候は変わるものです。過去にも立山で観光客が多数遭難した事故がありましたが、ちょうど秋の時期でした。

観光ルートでも、そこは北アルプス。細心の注意とムリをせず、登山・観光を中止することも大切なことなのです。

身体が雨や雪に長時間さらされると、低体温症が進みます。雨風をしのげる場所や避難小屋をルートハンティングでチェックします。
晩秋のウエアは足元から防寒対策を徹底。高山はアイゼンも必須。

秋の山の天候を大きく左右する低気圧の動き

日本列島のどの位置を通過するかで天気も変わってきます。特に最近の傾向としては夏の高温の影響が日本海に影響し、低気圧が急速に発達することがあります。いわゆる爆弾低気圧と呼ばれるものです。

天気の変化は事前にチェックできるもので荒天の予報が出ているのであれば、登山は中止するのがベストです。特に晩秋に降る新雪は根雪にならず、表層雪崩の危険性もあります。

西高東低の天気図は要チェック。寒気の強さ次第で登山の中止も。

おわりに

厳しさと穏やかさが同居する秋は気温の上下も激しく、それに伴う雪崩、大雨などリスクを抱えています。日本海側のある地方では「弁当忘れても、傘忘れるな」という言われるほど、日本海側・北日本は荒れた天気が多くなります。

低気圧と高気圧の交互の繰り返し、天気図で勢力の強さと等圧線の込み具合から、おおよその山の天気を予測し、安全な登山をしましょう。
 
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。