\ フォローしてね /

生クリーム不使用!白菜の旨味を堪能できる白菜のクリームパスタの作り方

冬は白菜の旬です。旬の白菜の旨味を閉じ込めたクリームパスタの作り方をご紹介します。

白菜の優しい甘みが引き立つように、生クリームではなくじゃがいもの千切りを使ってとろみをつけるところがポイントです。生クリームを使わないので、ヘルシーにもなりますよ。

材料(1人分)

  • 白菜:2枚
  • ブロックベーコン:50gほど
  • じゃがいも:1/2個
  • にんにく:1片
  • 牛乳:1/2カップ
  • パスタ:100g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 胡椒:適量
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1

ベーコンは味をつけるために使うので、スライスでも大丈夫です。

作り方(調理時間:20分)

STEP1:材料を切る

白菜を芯と葉の部分に分け、芯は繊維を断つように細めの千切り、葉は太めの千切りにします。

じゃがいもは皮をむいて、細めの千切りにします。

ブロックベーコンはやや細め(5mm 角くらい)の短冊切りにします。

にんにくはみじん切りにします。

じゃがいもは水にさらさずに使います。じゃがいものデンプンがパスタのソースにとろみをつけるためです。

STEP2:ベーコンを炒める

中火でベーコンを1~2分ほど炒めて、カリッとさせます。

STEP3:にんにくの香りをオリーブオイルに移す

ベーコンをフライパンのわきに寄せ、オリーブオイルとにんにくを入れ、にんにくの香りがしてくるまで1分ほど弱めの中火で火を通します。

STEP4:じゃがいもを炒める

じゃがいもを入れ、少し透き通るまで弱めの中火で30秒から1分ほど炒めます。

STEP5:白菜の芯を炒める

白菜の芯を入れ、しなっとするまで弱めの中火で30秒から1分ほど炒めます。

STEP6:白菜の葉を炒める

白菜の葉を入れ、しなっとするまで弱めの中火で30秒ほど炒めます。

STEP7:パスタを茹で始める

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにします。1.6mm のパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP8:牛乳を入れて煮込む

牛乳を入れて中火で温めます。ふつふつしてきたら弱火に落として煮詰めていきます。パスタが茹で上がるまで4~5分ほど煮ます。途中で水分が足りなくなったら、パスタの茹で汁をお玉1杯追加します。

STEP9:味を調える

パスタを入れる直前に味を見て、胡椒で味を調えてください。

ベーコンの塩味が効いていますし、塩味の付いたパスタを入れるので、塩を入れる必要はないと思います。それでも足りなく感じるようであれば、薄目を意識して塩を足してください。

STEP10:パスタを入れて和える

パスタを入れます。

大きくあおるようにソースと和えます。

STEP11:完成

お皿によそって、胡椒を軽く振って出来上がりです。お好みでパルメザンチーズをかけても美味しいです。

作り方のコツ・注意点

牛乳は煮立たせない

牛乳に膜がはると食感が悪くなるので、煮立たせないように弱火でときどきかき混ぜながら煮込みます。

塩は控えめに

白菜の甘みを引き立たせるために、ソースの味を調えるのには胡椒を使います。

それでも塩味が足りないと感じられる方は、食べるときにパルメザンチーズをかけるか、最後に味を調えるときに鶏がらスープの素をひとつまみ程度足してください。

おわりに

生クリームを使っていませんので、とても軽い仕上がりになります。

これからの寒い季節のランチにぴったりだと思いますので、是非、試してみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。