\ フォローしてね /

実は簡単!鱈のグリルミラノ風・二色ソース添えの作り方

旬の鱈を使ったミラノ風のグリル焼きの作り方をご紹介します。

彩がきれいなソースを二種類添えていただきます。

材料(1人分)

  • 塩鱈の切り身:1枚
  • にんにく:1片
  • トマトペースト:少々
  • パルメザンチーズ:小さじ1程度
  • パン粉:少々
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 胡椒:少々
  • 小麦粉:少々

トマトソース

  • プチトマト:3~4個
  • 塩:少々
  • オリーブオイル:ひとたらし

グリーンソース

  • 大葉:1~3枚
  • 塩:少々
  • オリーブオイル:小さじ半分
  • レモン汁:数滴

作り方(調理時間:20分)

STEP1:下味をつける

鱈の切り身に軽く胡椒をふって、5分ほど置いておきます。

塩鱈なので塩は使いません。生鱈の切り身を使う場合には、ここで塩も軽くふってください。

STEP2:トマトソースを作る

プチトマトのヘタを取ってみじん切りにします。

汁ごとボウルに入れて、塩とオリーブオイルを入れて良くかき混ぜます。

STEP3:グリーンソースを作る

大葉の軸を取って細かいみじん切りにします。

ボウルに入れて、塩とオリーブオイルを入れて良くかき混ぜます。レモン汁を数滴入れて良くかき混ぜます。

STEP4:にんにくの香りをオリーブオイルに移す

つぶして芽を取ったにんにくとオリーブオイルをフライパンに入れて、火を点けます。弱めの中火で1分ほど熱し、にんにくを取り出します。

STEP5:切り身をソテーする

切り身に薄く小麦粉をまぶします。

強火で両面に焼き目が付くまで熱します。

鱈の身はくずれやすいので、フライパンにくっつかないように終始ゆすってください。

STEP6:オーブントースターで焼く

ソテーした切り身をクッキングシートの上に取り出し、トマトペーストを塗ります。

パルメザンチーズをかけ、その上からパン粉を少量散らします。

温めたオーブントースターでパン粉に焦げ目が軽くつくくらいまで、3~5分ほど焼きます。

切り身をくずさないように注意してください。

STEP7:完成

切り身を皿の中央に置き、周りに絵を描くように、トマトソースとグリーンソースをあしらいます。

サニーレタスなど、緑のものを添えると見た目がきれいです。

作り方のコツ

トマトソースは最初に作る

みじん切りにしたトマトに塩をふって 5~10分ほどおくことで、トマトから水分が出てきて、さっぱりとしたソースになります。

鱈の身をくずさない

鱈の身はくずれやすいので、ソテーするときはフライパンにくっつかないように終始ゆすってください。

何度もひっくり返すとくずれる可能性が高いので、焼くときは両面を一回ずつ焼くだけにします。オーブントースターでグリルするので、中まで火を通す必要はありません。

おわりに

「ミラノ風」とは黄金色に仕上げた料理につけられます。中世から商業が盛んだったミラノで、富のシンボルとしての金を想像させるとか、ミラノの貴族や商人が金箔を料理に使っていたからだとか諸説あるようです。

冷やした白ワインと相性が良い料理ですので、一度、試してみてください。

Twitterで紹介!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。