\ フォローしてね /

家庭でも本格的な味!「中華飯」の作り方

白菜を使ったメニューで定番なのは、中華料理屋さんで出てくる中華飯。ですが、本格的な味は難しいと思ってしまっていませんか?

実は、家庭でもある調味料を使えば簡単に作ることができます。そんな「中華飯」の作り方を紹介します。

材料(2人分)

  • 白菜 1/8個
  • ねぎ 1本
  • 豚切り落とし肉 250g程度
  • うずら卵水煮 6個
  • まいたけ 1パック
  • 冷凍えび 10個
  • ごま油 大さじ2
  • 味覇 小さじ1
  • 中華あじ 小さじ1
  • 水 100ml
  • 片栗粉 小さじ1
  • ご飯 2膳分
冷凍えびは殻が剥いてある調理済みのもの、うずら卵は水煮になっているものを使いました。

作り方(調理時間:15分)

STEP1:野菜を切る

白菜は3~4センチのざく切りに、ねぎは根を切り落として斜め切りにします。

まいたけは手でほぐし、冷凍えびは50度くらいのぬるま湯で解凍しておきます。

解凍は50度のぬるま湯で。著者は、お湯:水=1:1を混ぜてぬるま湯を作り、解凍しています。

STEP2:白菜を炒める

白菜の白い部分から炒めます。中華フライパンにごま油を入れ、白菜を入れ、中火で3分。しんなりするまで炒めましょう。

最初に白い部分を炒めて、完成時に固くならないようにしています。白菜の緑の葉の部分はまだ炒めません。

STEP3:ねぎ、豚肉、まいたけを炒める

STEP2のフライパンに、白菜の葉の部分、ねぎ、豚肉、まいたけを入れて炒めます。中火で3分、豚肉の色が変わるまで炒めましょう。

STEP4:えびを入れて炒める

STEP3にえびを入れて炒めます。全体を混ぜ合わせるくらいで、中火で1分加熱すればOKです。

えびはできあがるまでに火が通るので、この段階ではほんのり赤くなるくらいで構いません。

STEP5:中華あじ、味覇、うずらを入れて煮る

STEP4に水、中華あじ、味覇、うずらを入れます。中華あじ、味覇が水に溶けるように、軽く混ぜながら炒めます。

溶けたら、片栗粉を少量の水で溶かしたものを鍋肌に注ぎいれ、軽く混ぜ、蓋をして2分。全体にとろみがついたらご飯の上に盛って、完成です。

作り方のコツ・注意点

コツは、中華あじと味覇。この2つを揃えるだけで、本格的な中華料理店の味になります。また、白菜の白い部分から炒めること。火の通りを考えて、順番に材料を入れておくことで、できあがりの固さがちょうどよくなります。

白菜も、ごま油と中華味、味覇のスープを吸って味がしみ込んだいい味になっています。他にも冷蔵庫の野菜を使って作ることができるので、作ってみてはどうでしょうか。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。