1. 料理
    2. 普通のお肉が柔らかくなる!料理清酒の効果と下ごしらえのやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    普通のお肉が柔らかくなる!料理清酒の効果と下ごしらえのやり方

    普段の料理に「料理酒」や「料理清酒」を使っていますか?どういうときに使うかわからない方も多いかもしれませんが、「料理清酒」はいつもの料理に加えるだけで、料理がグッと美味しくなる便利な調味料なんです。

    ここでは、普通のお肉でも柔らかくジューシーになる「料理清酒」の驚きの効果と、使い方をわかりやすく紹介します。

    本記事は、宝酒造株式会社のご協力により、2013年に執筆されたものです。

    料理清酒で変わるお肉の柔らかさ

    このグラフは、料理清酒を加えて茹でた豚肉と、料理清酒なしで茹でた豚肉の固さを比較した実験の結果です。料理清酒の加減によってお肉の固さ・柔らかさに大きな差があることがわかりますね。

    料理清酒に含まれるアルコールは、素材に素早くしみこむ性質があります。アルコールの成分が素材にいきわたり、保水性を高めることで、食べたときの歯触りがやわらかくジューシーに仕上がるのです。

    料理清酒でお肉を柔らかくする方法

    料理清酒でお肉を柔らかくするために、面倒な下ごしらえは必要ありません。料理のはじめに料理清酒を入れるだけでお肉が柔らかくなりますよ。

    食塩が入っている「料理酒」ではなく、食塩ゼロの「料理清酒」を使うことで、味を崩さずに柔らかく仕上げることができます。

    料理のはじめに料理清酒を入れる

    例えば、蒸し鶏をつくるとき。お鍋に材料を入れたら、ここに料理清酒を加えましょう。

    たったこれだけで生臭さが消える!

    鶏肉の臭いも気にならず、味にこくが出て、ふっくら柔らかくジューシーに仕上がります!お酒を使わずに蒸すと鶏肉の味が薄くなり、パサパサしてしまうことがありますが、料理清酒を使うと簡単においしい蒸し鶏が作れます。

    他にも牛肉や豚肉など、いろいろなお肉にも使えますよ!

    おわりに

    料理清酒は焼いたり蒸したりするだけでなく、鍋にも活用できます。お肉を鍋に入れる前に料理清酒で浸しておくだけで、お肉が柔らかく美味しくなりますよ。

    お手頃なお肉でもサッとひと手間かけるだけで、料理清酒の効果を実感できると思います。ぜひお試しください。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人