\ フォローしてね /

おうち忘年会にぴったり!ビールによく合う和風春巻きの作り方

おうちで忘年会をするときのお料理は、取り分けしやすいものが便利ですよね。春巻きなら1人2本というように決めて出せるので、作る側も助かります。

今回は、春巻きには意外な3つの食材を中に入れて作る和風春巻きの作り方をご紹介します。

材料(5人分)

  • 春巻きの皮・・・10枚
  • 卵・・・3個
  • 大葉・・・10枚
  • 冷凍エビ・・・10尾
  • サラダ油・・・適量

作り方(調理時間:30分)

STEP1:卵を茹でる

茹で卵を作ります。春巻きの皮に包むので、黄身がしっかり固まるまで茹でてください。筆者は沸騰後15分中火にかけています。

STEP2:卵をほぐす

ゆで卵の皮を剥いたら、フォークなどで細かくしておきます。

STEP3:大葉の下準備をする

大葉は軽く洗って茎部分を取り、水気を切っておきます。

STEP4:エビの下準備をする

沸騰したお湯に冷凍エビを入れ、1分間くらい茹でます。

STEP5:水気を切る

エビは完全に火が通ったら、ザルにあげて水分を切っておきます。

STEP6:春巻きの皮に大葉をのせる

春巻きの皮の角が手前にくるようにまな板の上に置き、大葉を横向きに乗せます。

STEP7:エビ・卵をのせる

大葉の上にエビ・卵をのせていきます。

エビを上側、卵を下側に乗せると、皮が巻きやすいです。

STEP8:巻いていく

皮の下を一度巻き、左右の角を真ん中に折って、さらに上に巻いていきます。

STEP9:水をつけて留める

巻き終わり部分の皮に軽く水をつけて留めます。

STEP10:揚げる

160℃~170℃の低温に温めたサラダ油に春巻きを入れていきます。春巻きを入れてからの火加減は、最後までずっと弱火です。

STEP11:裏返す

1分ほどでキツネ色になるので、裏返して再度1分揚げます。

通常より少し長く揚げて皮をパリパリにした方が、食べる際にサクサクして美味しいのでおすすめです。

STEP12:バットにあげて油を切る

バットにあげて油を切ります。

STEP13:完成

器に盛りつけたら、完成です。このままでも味があるのですが、からし醤油をつけて食べるとさらに美味しいです。

春巻きは半分にカットすると、切り口がエビの赤、卵の黄色、大葉の緑で彩りがとてもきれいです。

作り方のコツ・注意点

忘年会開始直前は他のお料理の準備で忙しいと思うので、早い時間に春巻きを巻くところまで作り、冷蔵庫で保管しておけば、あとは手の空いたときにさっと揚げるだけですぐ出すことができますよ。

さいごに

いかがでしたか。筆者は友人を自宅に招く際、この和風春巻きをよく作るのですが、「ビールに合う」「こんな食材で春巻きを作れるなんてびっくり」といつも喜んでもらえますよ。

作る段階で調味料を一切使わないとても簡単なレシピです。是非、一度試してみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。