\ フォローしてね /

簡単に出来るクッションの作り方

簡単に作ることができて、洗濯やアイロンも簡単に出来るクッションの作り方をご紹介します。

著者の裁縫経験

小学生の頃から手縫いやミシンを使って小物や洋服を作っています。

作り方を紹介するクッション

花柄が好きな著者用に、リビングでくつろぐ時のクッションのカバーとして作りました。落ち着いた色合いなのでオールシーズン使用できます。

制作するクッションの製図

今回は市販のクッション用の綿を利用した作り方です。好みの大きさの綿を用意したら、その綿のサイズを基準にして製図します。

使用する道具・材料

  • 市販のクッション用綿
  • 布(製図の布を2枚)
  • ミシン
  • はさみ

作り方

STEP1:2枚を合わせて3辺を縫う

布の表側を内側に向けて2枚を重ね、3辺をミシンで縫います。

縫い代は約1cmで、ほつれ止めに端にジグザグにミシンをかけます。

STEP2:残りの辺を縫う

残りの辺を約1cm幅に三つ折りし、ミシンを1周かけます。

STEP3:表に返す

表に返します。

STEP4:綿を入れる

クッション用綿を入れ、余った部分を中に折り込んだ後に形を整えます。

クッションを上手に作るためのポイント

カバーが緩いとシワが寄りやすくなるので、サイズをしっかり計って作るのがポイントです。

おわりに

このカバーにはファスナーが付いていないので、洗濯して干したり、アイロンをかけたり、たたんで収納したりするのも簡単です。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。