\ フォローしてね /

【後悔しない】賃貸物件の探し方

物件検索は、なんだかんだ時間がかかる

賃貸物件を探すとなると、WEB上で物件検索をするのが定番だと思います。

ただ、時間をかけて気に入った物件を問い合わせても、既に申込みが入っていたなんて事ありませんか?サイトには似たような物件情報が溢れているので、結局どの物件がいいのかわからないなんて事ありませんか?

皆さんが使っているような物件検索サイトには、管理会社が載せたくないという理由で、実は載せられていない物件というのもたくさんあります。

物件が、物件検索サイトに載っているものだけだと思わないでください。

物件検索サイトで時間をかけて選んでいる物件は、限られた物件だということを忘れずに。

不動産屋(営業マン)選びが重要

住みたい場所がある程度決まっているのなら、その地域の不動産屋に直接行ってしまうのが早いのですが、やみくもにお店に入るのは危険です。

現在、溢れるほどの不動産屋が存在する中で、良質な不動産屋(営業マン)を見極めることが1番重要です。

メッセージやメールなどで物件について問い合わせた際に、誠実な対応をしてくれる不動産屋は信頼できます。「とりあえずお店に来てください」という内容で返ってくる場合がほとんどだと思いますが、不動産屋は山ほどあることを忘れないでください。

面倒がらずにしっかりと対応してくれる不動産屋は、家主さんへの交渉なども上手にしてくれる可能性が高いです。

以前、誠実な不動産屋で部屋を探した時に、家賃交渉&ペット可交渉をして頂いてどちらも希望通りになり、引越し後にトイレが故障した際も迅速に対応して頂きました。ペットの件はまれですが、やはり不動産屋選びは大事だと改めて思いました。

不動産屋とは引越し後も関わる場合があるので、信頼できるところを見極めて下さい。

不動産屋を事前にしっかりリサーチ

様々な地域の不動産会社の営業マンとメッセージのやりとりができ、希望の物件情報を送ってもらえるサイトもあるので、そういったサイトをフル活用して事前にリサーチするのもアリです。

様々な不動産屋の営業マンに物件情報を提供してもらえるサイト

メッセージでやりとりできるので、忙しくて時間がない人や、地方や海外在住でなかなか東京の不動産屋に行けない方にもおすすめです。

電話番号は最初から教えず、実際に見に行きたい物件が出てきてからにしましょう。

周辺環境も事前にしっかりリサーチ

なんとなくイメージでここ住みたい~というのは危険です。実際に住んでみないとわからない部分はたくさんあります。

たとえば、昼間は賑やかで人通りも多いけど、夜になると道が暗くて物騒になる街だと不安です。犬を飼うなら近くに公園が無いとちょっと辛いです。

駅から遠い物件に住む人なら、駅前に駐輪場がない、あるけど小さくてすぐに満車になるなんて事があると大変です。地域情報は、その地域の不動産屋に聞くのが1番良いです。

さすがにその地域の周辺環境について知らないわけないので、詳しく教えてくれるはずです。とにかく自分が暮らしていく場所なので、後悔しないようにしっかり調べましょう。

全国の地域情報を見れるサイト

内見の時にチェックするポイント

  • 日当たりを”昼間”に確認(夕方や夜に行っても日当たりがどうかわかりません)
  • 夜、最寄駅からマンションまで実際に歩いてみる(昼間は良いけど夜道が意外と怖いパターンがあります)
  • ゴミ置き場がキレイか(ゴミ置き場が汚いと管理不足か入居者のマナーが悪い可能性があります)
  • 駐輪場に屋根があるか(屋根がないと雨に濡れるため自転車が痛みやすいです)
  • 1階が飲食店かどうか(ゴキブリがでやすいです※物件の構造によります)

「一応この物件も見てみますか?」は危険

ある程度希望の物件が絞れたら、だいたいの方が内見に行くと思いますが、その時に営業マンが「一応この物件も見てみますか?」といって、希望の家賃を少しオーバーした物件を内見させようとする場合があります。

これは危険です。

なぜなら、たいがいその物件が一番良いに決まっているからです。その物件を見てしまうと、どうしても他の物件と比較してしまって、「少しくらいオーバーしてもいいや、こっちにしちゃおう」となりかねません。

金銭面に余裕があれば良いのですが、長い目で見るとその額はバカになりません。後で後悔する事になっても遅いので、希望の家賃以上の物件は極力内見するのをやめましょう。

家賃を少し上げることによって、生活費を節約する、欲しいものを我慢する…という事になる可能性もあります。

特殊な物件を探す場合は専門サイトで

デザイナーズ物件に住みたい、シェアハウスがしたい、部屋を自分流に改修したいなど特殊な条件で物件を探したい場合は、できればポータルサイトではなく専門のサイトで探しましょう。そのサイトでしか載っていない物件がある可能性も高いので、より希望の物件が見つかると思います。

デザイナーズ・リノベーション物件を紹介しているサイト

シェアハウス用の物件を紹介しているサイト

DIYP(改修可能)物件を紹介しているサイト

こういったサイトで探す場合も、いきなり不動産屋に行くのではなく、事前にメールのやりとりなどをして対応を見ましょう。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。