1. 趣味
    2. 長持ちさせるために!トレッキングシューズのメンテナンス方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    長持ちさせるために!トレッキングシューズのメンテナンス方法

    トレッキングを楽しむために、トレッキングシューズは欠かせません。ここではより長持ちさせるためのメンテナンスの方法を紹介します。

    著者の持っているトレッキングシューズ

    著者が使っているのは、テクニカ社のトレッキングシューズです。このシューズは、ゴアテックス製でソールはビブラムです。

    ゴアテックスは外からの水分に対して撥水性を、内側からの水蒸気には通気性を発揮し、長時間着用しても蒸れないという特徴があります。

    またビブラム製の靴底は、足にかかる負担を和らげるとともに、どんな岩場でも滑りにくく安定して歩くことが出来るようにサポートしてくれます。

    用意するもの

    • ゴアテックス製のトレッキングシューズ
    • 布きれ(またはスポンジ)
    • 防水スプレー

    トレッキングシューズのメンテナンスのコツ

    STEP1:中敷を取り出す

    トレッキングが終わったら、靴ひもを緩めるか、外すかして、シューズの中敷を取り出して乾かします。この時、中に小石などが入っていたら取り除いておきます。

    STEP2:外側の汚れを取り除く

    また、ソールに付いた小石を見つけたら、取り除きます。シューズの外側の汚れがひどいときは、水でぬらしたスポンジや布できれいにします。

    STEP3:乾燥させる

    シューズを風通しの良い所で、乾くまで陰干しにします。雨の日や雪山でのトレッキングの後など、シューズが濡れているようなら2~3日、ほとんど乾いた状態なら1日乾かせば充分でしょう。

    STEP4:防水スプレーを施す

    仕上げに、次のトレッキングに出かける前に防水スプレーをゴアテックス加工の部分(水蒸気を通し雨は通さない加工になっている部分)にまんべんなくかけます。

    また、靴ひもが弱って擦切れそうだったり、ソールがすり減ったりしていないか、出かける前に必ず確認しておきましょう。

    メンテナンス・お手入れのポイント

    ポイントは、トレッキングが終わったらシューズをそのまま放置せずに毎回お手入れをすることです。こうすればトレッキングシューズを快適な履き心地のまま、長く愛用出来ます。

    またトレッキング時の安全性も、トレッキングシューズのメンテナンスにかかっています。

    おわりに

    いかがでしたか。トレッキングに欠かせないシューズ、履き心地の良い物は概して高価な物です。トレッキングをした後はシューズのメンテナンスを毎回行って出来るだけ長持ちさせるようにしましょう。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人