1. 趣味
    2. もう音痴なんて言わせない!宴会までにレッスンできる「ひとりカラオケ」のススメ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    もう音痴なんて言わせない!宴会までにレッスンできる「ひとりカラオケ」のススメ

    新年会や忘年会シーズンには、2次会などでカラオケに行く機会も増えますよね。カラオケ以外でも会社のイベントで歌を披露しなければいけないなど、何かと人前で歌うことが多くなったり。

    そこで本記事では「人前で歌を披露する前に練習をしたい!」「音痴をなおしたい!」「イマドキの歌を歌えるようになりたい!」などという方向けに、こっそり練習ができる「ひとりカラオケ」をご紹介します。

    「ひとりカラオケ」とは?

    ひとりカラオケとは、一人でカラオケを楽しむ一人カラオケの略称です。

    全国カラオケ事業者協会によると、昔から一人でカラオケに行く人は一定数いたそうですが、お一人様専用のカラオケルームの登場とともに人気になってきたそうです。

    「ひとりカラオケ」の魅力

    • 歌の練習ができる
    • 周りに気を使わなくて良い
    • 好きなだけ歌える
    • 自分にあったキー設定が確認できる
    • 誰も巻き込まずストレス発散ができる など

    ひとりカラオケは上記のような理由から人気が高まっています。特に歌の練習を目的に利用する人が多いそうです。

    「ひとりカラオケ」専用ルームがある店舗

    プロのレコーディングさながらの高機能設備を有したひとりカラオケ専用ルームが数々登場しています。これで心ゆくまで、歌の練習ができそうです。

    カラオケ館

    プロのミュージシャンのように本格的なレコーディングスタジオと同じ方式でカラオケを楽しめます。なんと録音もできてしまうそうです!東京を中心に北海道から福岡まで全国に店舗があります。

    ワンカラ

    2011年に日本初となるひとりカラオケ専門店を東京・神田にオープン。東京や大阪の他、仙台にも1店舗あります。

    ヒトカラの鉄人

    カラオケの鉄人を運営する鉄人化計画の下北沢にあるひとりカラオケ専門店。レディースルームやガギ付きルームなど、サービスが充実!

    イチカラ

    ジャンカラ初の京都にあるひとりカラオケ専門店。専用フロアになっており、周囲にグループ客がいないのは嬉しいですね!

    ちょいKARA

    カラオケの専門店に行くほどではないけど1、2曲歌いたい!練習をしたい!という方にオススメなのがタイトーステーション等のゲームセンターに設置されているちょいKARA。1曲100円~カラオケ同様の本格仕様で歌うことができ、時間・コストの面でも効率的です。

    「ひとりカラオケ」のおすすめの時間帯

    ひとりカラオケ専用ルームがないカラオケ店でも、ひとりカラオケ料金を設定するなどひとりカラオケを推奨しているお店は沢山あります。

    専用ルームがなくてもひとりカラオケができる特におすすめの時間帯は下記の通りです。

    学生・主婦には平日昼間がオススメ!

    他の客が少なく、フリータイムOKなどのサービスを実施している店舗が多いです。

    利用客が少ない他、ひとりカラオケの利用客が多くなる時間帯なので、一人で行くことへのハードルが下がるというメリットもあります。

    ビジネスマンには平日深夜がオススメ!

    平日深夜も同様に利用客が少ない時間帯です。歌の練習をしたいけど、平日は仕事、休日に一緒に行ってくる人がいない…などという方に非常におすすめの時間帯です。

    平日は行けないという人は開店直後がオススメ!

    土曜・日曜・休日にしか休めない人は、他のお客さんが少ない時間帯の開店直後が狙い目です。開店後2~3時間が目安になると思います。

    店舗によっては、利用客の多い祝前日・土日祝は延長やひとりカラオケ自体を断られる可能性があります。また料金も通常の1.5倍になる場合もあり、事前に行きたい店舗の料金体系を確認することをオススメします。

    歌うだけじゃない!「ひとりカラオケ」の利用方法

    万能部屋になる

    近年はカラオケルームを歌うだけではなく、部屋に設置されたWi-Fiを利用してビジネスマンが一人で仕事をしたりと活用方法が多岐に渡っているそうです。

    中には読書をしたり睡眠をとる人もいるそうで、歌うだけではない「万能的な空間」として使う傾向があるそうです。

    色んなタイミングつかえる!

    ひとりカラオケ専用ルームの登場など、一人でカラオケに行く人が多くなっている昨今、使い方によっては仕事の合間にカラオケルームに行き、仕事をしながら年末のイベントに向けた歌の練習などできるかもしれません!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人