\ フォローしてね /

いろいろ動かしてみよう!人気絵師・咲里キリコさんが教える、かわいい女の子のイラストを描くポイント5つ

かわいい女の子を描きたいのに、イマイチうまくいかない。そんなときはどうすればいいのでしょうか。

イラストコミュニケーションサービス「pixiv」でも人気が高いイラストレーター・咲里キリコさんに、かわいい女の子を描くときのポイントを聞いてみました!

本記事は、2013年12月の取材情報をもとに執筆されたものです。

かわいい女の子を描くポイント

その1:ハイライトやチークを入れる

同じ「かわいい女の子」のイラストでも、肌のツヤがある・なしでは印象も大きく変わります。

たとえば、イラスト例の女の子でもツヤがあるほうがかわいい気がしますよね。

「生き生きとした表情にするために、頬にハイライトやチークを入れてみましょう。もちろん、やりすぎは禁物です!」(咲里)

その2:女の子らしい柄を入れてみる

かわいい女の子を描けたぞ!でも、まだ何か足りない気がする…というときはどうすればいいのでしょうか。

そんなときは、女の子の洋服に柄などをいれてみるといいようです。イラスト例を見てみても、無地より水玉柄のスカートを着ている方が愛らしい…!

「柄は水玉やチェックなど“女の子らしいもの”のほうが可愛さもUPしますよ」(咲里)

その3:髪色、肌色などの配色を変えてみる

「その2」のように、洋服に柄を入れてみてもしっくりこないというときは肌や髪色、洋服などの配色を変えてみるのもアリ!

「そんなときは配色を変えてみることをおすすめします!イラスト例のように、洋服だけでなく肌色や髪色も変えてしまうというのもアリです」(咲里)

その4:構図を変えてみる

洋服に柄を入れても配色を変えても「うーん…」というときはどうすれば…?

「トリミング位置やキャラクターを斜めにしてみるなど、構図を変えてみるのもオススメです」(咲里)
違う角度で見てみると「あれ、かわいいかも」となるかもしれませんね!

その5:かわいい系の背景を入れる

さらに背景を加えるとより「かわいい」を強調することができます。

先ほどの洋服の柄同様、こちらも「かわいい系」の背景だとよりいい雰囲気になりそうですね。

「ラインを入れてみたり水玉模様にしてみたり、レース模様などを入れてみてください。イラスト例のように、背景があるほうがかわいい女の子らしさが出ます」(咲里)

かわいい女の子を描く上で大事なこと

咲里さんにとって「かわいい女の子を描く上で大事なこと」とは何でしょうか?

「とにかく、自分がかわいいと思える女の子を描く!ということです。作品が完成するまでの間、描いているキャラクターが気に入らなくて途中で没になることも多々あります。モチベーション維持のためにも、私自身も気をつけていることです」(咲里)

おわりに

かわいい女の子のイラストは一日にしてならず!

普段から「どんな女の子のイラストをかわいいと思ったのか」などをチェックしてみるところから始めてみるのもいいかもしれませんね。

(illust by 咲里キリコ)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。