\ フォローしてね /

春菊で手軽に!ジェノベーゼ風パスタの作り方

バジルの葉をペースト状にして作るジェノベーゼのパスタを食べたいのに、バジルの葉が手元にない…。

そんなときに使える、バジルの葉を春菊で代用した、手軽なジェノベーゼ風パスタの作り方をご紹介します。

材料(2人分)

  • パスタ・・・200グラム
  • 塩(パスタを茹でるとき用)・・・水1リットルに対して小さじ1
  • ベーコン・・・2枚
  • オリーブオイル・・・大さじ1

パスタ ソースの材料

  • 春菊・・・40グラム
  • 牛乳・・・50cc
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • にんにくすりおろし・・・小さじ1
  • 粉チーズ・・・大さじ2
  • 塩・・・小さじ1/3~

作り方(調理時間:15分)

STEP1:パスタを茹でる

塩を入れたお湯を沸かし、記載通りの時間でパスタを茹でます。

茹であがったらざるにとり、水を切っておきます。

STEP2:春菊をちぎる

春菊は太い茎や硬い茎を取り除き、手で粗めにちぎります。

春菊は太い茎や硬い茎を取り除いた状態で40グラムになるようにしてください。

STEP3:春菊をミキサーにかける

春菊に牛乳を加え、なめらかなペースト状になるまでミキサーにかけます。

STEP4:パスタソースを作る

STEP3にオリーブオイル・にんにくすりおろし・粉チーズ・塩を加えて、全体が均一になるまで混ぜ合わせます。これでソースの完成です。

塩の分量は、味をみながら調整してください。

STEP5:ベーコンを切る

ベーコンは1センチ幅に切ります。

STEP6:ベーコンを炒める

温めたフライパンにオリーブオイル(大さじ1)とベーコンを入れ、ベーコンに焼き色がつくまで中火で1~2分炒めます。

STEP7:パスタとソースを混ぜ合わせる

STEP6にパスタとソースを加えて弱火で2分程混ぜます。ソースは満遍なくパスタにからめます。

完成!

お皿に盛り付けて完成です。

作り方のコツ

春菊のペーストを作る時に、水ではなく牛乳を使うことでまろやかなソースになります。

パスタを茹でている間にソースを作って、効率よく調理しましょう。

さいごに

おひたしや鍋物で食べることが多い春菊ですが、パスタのソースとして食べるのもおすすめです。

春菊の香りは強すぎず、ほのかに香るくらいなので、春菊が苦手な方でもおいしく食べられると思います。

手軽な材料で簡単におしゃれなパスタができるので、ぜひ作ってみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。