\ フォローしてね /

縫った後がきれい!手芸時のスナップのつけ方

スナップを縫いとめる、基本的な縫い方をご紹介します。縫い進めるとスナップの外側にこぶができるので、見た目がとてもきれいですよ。

著者の裁縫経験

小学生の頃から手芸が趣味で、色々楽しんでいます。ティッシュケースや子どもの幼稚園グッズや給食袋など、手作りするのが好きで色々と作ってきました。

羊毛フェルトやかぎ針編み、アクセサリーなど手芸のジャンルを問わず色々なものにチャレンジしています。

用意するもの

  • スナップ
  • 手縫い糸
  • チャコペンシル

スナップのつけ方

STEP1:糸を二本どりで玉結びする

一本どりでやる場合もありますが、二本どりの方が作業が早いです。

STEP2:布の裏から糸を通す

スナップを留めたい場所の中心にチャコペンシルで印をつけ、少しはずしたところに糸を出します。

STEP3:スナップを通す

糸にスナップを通します。

スナップが動かないように、マチ針で留めてもいいです。

STEP4:スナップの穴から針を出す

スナップの外側から布をすくって、穴から針を出します。

STEP5:針に糸をかける

穴から出した針に、糸をかけます。

針の穴の方から出ている糸を取って、針の左側からかけます。

STEP6:針をひく

STEP5の状態から針をひくと、スナップの外側の部分にこぶのようなものができます。この作業を3回ほど繰り返します。

右へ右へと縫っていきます。

3回繰り返した状態です。穴の外側にこぶができています。

STEP7:次の穴を縫う

最初の穴のすぐ外側から針を入れ布をすくい、右の穴から針を出します。

このとき、最初の穴のすぐ外側でなく、次の穴の外側に針を刺すと、糸が外側に見えてしまうので、針を刺す場所に注意してください。

それから、STEP5の作業を繰り返します。次の右の穴に進む場合も同様に、縫い終わった穴のすぐ外側に針を刺し、布をすくって次の穴から針を出すように進めます。

STEP8:穴の外側から裏に糸を通す

最後の穴の外側から、裏に糸を通します。

STEP9:玉止めする

糸を出したところに針を置きます。

糸を2~3回巻きつけ、親指で巻いた部分を押さえて針を抜きます。

しっかり留めたら、糸を切ります。凸の方のスナップの場所が定まったら、凹をつけたい場所に印をつけ、凸と同様に縫っていきます。

おわりに

上記の写真は、凹と凸両方つけた状態のものです。作業手順の写真は、わかりやすいよう赤い布に白の糸で縫いましたが、糸はスナップの色や布の色と同色の目立たない色にすると、仕上がりが綺麗になりますよ。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。