\ フォローしてね /

あなたは大丈夫!?男性向け就活コートの選び方・マナー

このライフレシピのもくじたたむ

今回の記事では、大学就職課勤務経験のある筆者が、就活時の男性向けコートについてお話します。

まず、前提として皆さんに知っていただきたいのは、コートは受付の前(会場・企業に入る前)に必ず脱ぐということです。これは社会人としてのマナーです。ですから、建物内で着ることはないので、腕にかけていておかしくなくそれほど奇抜な物でなければ大丈夫でしょう。

ちなみに、コートはもちろん防寒具(マフラー・ストール・手袋等)は全て建物に入る前に外します。身に着けたまま入ると、土足で家に入るマナーの悪い人という烙印を押されてしまいます。

着るタイミングも重要です。会場を出てからコートを着ましょう。説明会や面接が終わるとほっとして気が緩むのでやりがちですが、出る前に着るのはマナー違反です。

コート選びのポイント

コートは会場の外で脱いで外で着る、面倒そうなのでコート無しでよいかな、と思った方もいらっしゃるでしょう。確かにそうかもしれませんが、「ビジネスマナーを身に着けるチャンス」と前向きに捉えましょう。

また、就職活動では体調管理に気を配らなければなりません。冬場の就活はかなり冷え込みますし、建物の外と中との温度差によって体調を崩してしまうことも少なくありません。コートはスーツほど力を入れなくてよいですが、準備しておきましょう。

ポイント1:色の選び方

コートの色は黒か濃い目の紺・暗めのグレー・ベージュがよいでしょう。迷う方は黒が最もかっちりと見えるのでオススメです。

スーツが黒色なので、コートも黒だと重く見えるのではと心配する方もいっらっしゃるかとは思いますが、就職活動では見た目のおしゃれさ・華やかさよりも機能性に焦点を当てるとよいでしょう。

ポイント2:素材の選び方

コートの素材は「軽量素材」と書かれているものが良いでしょう。畳んで腕にかけても持ち運びやすいというメリットがあります。

また、雨や雪の際にも安心なのが「はっ水加工」のものです。水や汚れをはじいてくれますので、大切なスーツを汚さずに守ってくれます。

ポイント3:丈の選び方

コートの丈(長さ)ですが、あまり長すぎるものはバランスが悪く遊びの要素も強いため、避けましょう。ハーフ丈または膝より上の長さのものを選ぶとよいです。

おわりに

コートは、会場内での移動の際は半分に畳んで腕にかけ、荷物を置く際にバッグの上に軽く畳んで置きましょう。コートの着用マナーを守って就職活動、頑張ってくださいね!

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。