1. 料理
    2. 市販のフライを使った「お手軽フィッシュフライサンド」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    市販のフライを使った「お手軽フィッシュフライサンド」の作り方

    魚のフライがはいったフィッシュフライサンドはボリュームもあって、おいしいですよね。

    ここでは、市販のフライを使った簡単なフィッシュフライサンドの作り方を紹介したいと思います。

    材料(1人分)

    • 食パン:2枚(10枚切り)
    • 魚のフライ:2個(ここでは市販のカレイのフライを使用)
    • キャベツ:1~2枚
    • 中濃ソース:全体で大さじ1〜2程度

    作り方(調理時間:10分)

    STEP1:パンとフライを焼く

    フィッシュフライをアルミホイルの上にのせ、食パンと一緒に3分程度トーストして温めます。

    筆者は500Wの電子レンジについたトースト機能を利用しています。

    STEP2:キャベツを切る

    キャベツは、洗って、2mm程度の千切りにします。

    STEP3:ソースを塗る

    焼きあがった食パン2枚のそれぞれ片面に、中濃ソースを塗ります。2枚で大さじ1~2程度のソースの量が目安です。

    STEP4:キャベツをのせる

    ソースを塗った食パンの上に半分の量のキャベツを乗せます

    STEP5:フライを乗せる

    STEP5の上にフライをのせます。お好みで上からソースをかけてもよいと思います。

    STEP6:キャベツをのせる

    残りのキャベツをフライの上にのせます。

    STEP7:サンドする

    上からもう1枚の食パンを乗せ、ラップで包みます。

    STEP8:重しを置く

    上から皿などで重石をして2分程度置き、馴染ませます。

    STEP9:盛りつけて完成

    お好みで切って、盛り付ければ完成です。

    作り方のコツ

    フライは温めなくてもつくれますが、温めた方がおいしく仕上がります。

    もうすこしボリュームを足したい時は、中濃ソースの代わりにタルタルソースなどを挟むと食べごたえがあるフィッシュサンドになります。

    おわりに

    簡単でおいしいですので、お弁当にもおすすめです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人