1. 暮らし
    2. どこに何を詰める?祝い肴三種って?意外と知らないおせちに関する基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    どこに何を詰める?祝い肴三種って?意外と知らないおせちに関する基礎知識

    最近では、正月におせちを食べる家庭が少なくなったという話を耳にします。たしかに食べ慣れないものがあったり、作るのが大変だったりという理由があるのだと思います。

    しかし1年に1度しかない、せっかくのお正月。おせち料理にはそれぞれ意味が込められているので、幸福を願うためにもおせちを食べて新しい1年をスタートしたいところです。

    ここではおせちに関する基礎知識をご紹介します。

    おせちの詰め方

    おせちは基本的にお重箱に詰められていますが、どこに何を詰めればいいかご存知ですか?

    そもそもおせちを重箱に詰めるのは、「めでたさを重ねる」という縁起を担ぐためだそうです。地域や家庭によって、3段や5段のところもありますが、正式には4段重です。

    では、何段目に何を詰めればよいのでしょうか?

    4、5段の場合

    • 一の重:祝い肴(黒豆や数の子など)
    • 二の重:口取り(きんとんやかまぼこなどの甘いもの)
    • 三の重:焼き物(海の幸など)
    • 与の重:煮物(山の幸など)
    • 五の重:空にする(控えの重)
    「四」は縁起が悪いため、「与」を使います。五の重が空なのは、将来さらに繁栄し富が増える余地があることを示しています。

    3段の場合

    • 一の重:祝い肴、口取り(黒豆、くりきんとん、昆布巻き、かまぼこ、伊達巻など)
    • 二の重:酢の物、焼き物(なます、数の子、なると巻、鮭などの焼き物など)
    • 三の重:煮物(筑前煮など)

    祝い肴三種とは?

    祝い肴三種とは、正月を迎えるために必要な最低限の料理を指します。関東と関西でその内容は変わります。

    関東の祝い肴三種

    • 黒豆:「まめ(真面目)に働き、まめ(健康)に暮らせるように」という意味があります。黒には魔除けの意味もあります。
    • 数の子:ニシンの卵です。卵の数が多い事から、子孫繁栄の願いが込められています。
    • 田作り:別名は「ごまめ」といい、カタクチイワシを甘辛く煮た物です。イワシを肥料にすると米が豊作となったことから、豊作祈願の意味が込められました。

    関西の祝い肴三種

    • 黒豆
    • 数の子
    • たたき牛蒡(ごぼう):色形が、豊作のときに飛んでくるタンチョウに似ていることから、豊作祈願の意味になりました。またごぼうは根をはるので、家庭の安定の願いを込めています。
    おせち料理のレシピはこちらをチェック!
    今年のおせちは自宅で作ろう!おせちレシピまとめ

    おせち料理の意味

    数の子、黒豆、田作り、たたき牛蒡以外のおせち料理に込められた意味をご紹介します。

    海老

    腰が曲がっている姿から、腰が曲がるまでともに長生きするようにという長寿祈願です。

    祝い事の定番の縁起物で、「めでたい」の語呂合わせです。

    昆布巻き

    「よろこぶ」という語呂合わせと、「子生婦(こんぶ)」という字をあてる語呂合わせがあります。家庭の幸せと子孫繁栄を祈願します。

    紅白かまぼこ

    半円形は日の出に似ていることから新たらしい門出にふさわしいものとされています。紅白はおめでたさの象徴として、お祝いごと全般に使われます。紅は魔よけ、白は清浄を表します。

    伊達巻

    巻物の形は書物に似た形から文化的な繁栄を意味します。学問や習い事の成就を願います。

    くりきんとん

    くりきんとんの色を黄金にみたて、金運を招く、繁盛、繁栄の意味を持っています。今年も豊かでありますようにという意味です。

    蓮根

    孔が空いていることから遠くが見えるように将来を見通せるようにという願いが込められています。また、れんこんは種が多いので、「多産」という意味もあり縁起がよいとされています。

    紅白なます

    お祝の水引きをかたどったものだそうです。平安や平和を願う縁起物です。紅白というおめでたさの象徴の意味も含まれています。

    干し柿

    干し柿の皺を老人の肌にみたてています。また柿の木は長寿であることから、長寿祈願を意味します。

    錦玉子

    卵の白味と黄味の二色(ニシキ)で作られています。黄色と白は金銀を表わし、富の象徴とされました。

    里芋

    里芋は土の中に子芋をたくさんつけることから、子宝に恵まれますようにと子孫繁栄の願いが込められました。

    おわりに

    作るのがどうしても難しいようなら、市販のおせちもたくさん売っていますので、それを利用するのもひとつの手段です。

    どの料理が何を意味しているか会話をしながら家族で良い新年を迎えて下さい!

    Twitterで紹介!

    (image by 写真AC)
    (image by PIXTA 1 2 3)

    このライフレシピを書いた人